warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

出入国、ビザ、税関審査

1600x350-28-визовый-и-паспортный-контроль.png

シェレメチェボ空港を出発するフライトの出入国管理はロシア連邦保安局の国境警備隊により行われます。

連邦法第6条「ロシア連邦からの出国およびロシア連邦への入国手順について」に従い、航空会社は到着国への入国に必要な書類があり、有効であることを確認する責任があります。Aeroflotで移動する場合は、お客様がお持ちの書類は、チェックイン時または搭乗時に航空会社の承認された代理人により確認される場合があります。

必要な書類に関する公式情報は、お客様の目的地の領事館からのみ入手できます。搭乗者はパスポート、税関、衛生、検疫およびその他の手続きに関する要件を遵守しなければなりません。これらの規定を遵守しない場合、Aeroflotは一方的に航空運送約定を終了する場合があります(第107条、1.1項、ロシア連邦航空法)。

重要

  • 出発前に、ご自分のパスポートが署名済みであることをご確認ください。多くの国で、署名されていないパスポートは出入国規定違反とみなされます。
  • シェンゲン協定地域の複数回入国ビザをお持ちの場合、そのビザを発行した国に最初に入国しなければなりません。その後、シェンゲン協定地域全域に入国できます。一回の入国限定のビザをお持ちの場合は、そのビザを発行した国にのみ入国できます。複数回入国ビザをお持ちの方へのご注意:180日間にシェンゲン協定国での滞在が許可される、ビザに記載された期間(通常90日間)を超過した場合、入国が拒否される場合があります。
  • 18歳未満のお子様が「同伴」ビザで英国に出発する場合は、ビザに指定されている氏名とパスポート番号を持つ人物による同伴が必要です。別の人物を同伴している場合、ビザは無効になります。

シェレメチェボ空港ターミナルD国際VIPラウンジよりご出発のお客様への情報

2015年7月1日より、ロシア国境警備隊は国際空港のVIPラウンジにおける国境管理を実施しません。VIPラウンジをご利用のお客様は、通常の手順通り出入国管理チェックポイントを通過する必要があります。

ロシア連邦へご旅行のお客様への情報

ほとんどの国がロシアとのビザ取り決めを結んでいます。これらの国のパスポートを所持する国民は、ロシアへ渡航される場合、ビザ、一時または永住許可が必要となります。ほとんどの南米の国、CISおよびその他の国の国民はビザが不要です。多くの国の公務パスポート所持者も不要となります。ロシアへの渡航に関するビザ要件については、ロシア大使館またはロシア外務省のウェブサイト(www.mid.ru)をご覧ください。

重要

ビザが必要なすべてのお客様は以下の一般要件を満たす必要があります:

  • シェレメチエヴォを経由してミンスク(ベラルーシ)で離発着されるお客様は、ロシアのトランジットビザを所持する必要があります。モスクワ - ミンスク - モスクワとご旅行のお客様は2つのトランジットビザが必要となります。
  • モスクワからシンフェロポリへのフライトは国内線です。必要となるビザはロシアのビザのみです。
  • ロシアのビザを所持しない場合、ロシア連邦での2回の乗り換えを含む移動はできません。

ロシア連邦への入国に際しては有効なパスポートが必要です。

パスポートまたは同等の身分証明書はロシア連邦到着時に有効でなければなりません。

ロシア連邦のE-ビザ(ウラジオストークの自由港を訪問するため)

2017年8月1日から外国人はロシア連邦外務省の公式ウェブサイトhttp://evisa.kdmid.ruから取得できるE-ビザを使って、ウラジオストーク自由港の領域にある州境の国境検問所からロシア連邦に入国することができます。
運輸会社の代表者に提示された外国人の持つ電子ビザが有効なもので、詳細が正確であることを検証するためには、ロシア連邦外務省のウェブサイト(http://evisacheck.kdmid.ruまたはhttp://evisa.kdmid.ru)でご確認ください。
詳細については、連邦航空局のウェブサイト(http://favt.ru)をご覧ください。

その他の詳細

ロシア国民:

  • 二重国籍者は同一の書類を使ってロシア連邦への出入国を行うこととします。
  • 失効したパスポートを使ってロシア連邦を出国することは許可されていません。

ラトビア非国民用身分証明書をお持ちのお客様またはエストニア外国人パスポート所持者とその未成年の子供

2017年4月5日よりラトビア非国民用身分証明書またはエストニア共和国外国人パスポートをお持ちのお客様はロシア連邦への入国にビザが不要となりました。これらのお客様が同伴するお子様がラトビア非国民用身分証明書またはエストニア共和国外国人パスポートをお持ちの場合は、ビザなしで入国していただけます。

ベラルーシに出入国されるお客様への情報

2017年5月15日より、ベラルーシ共和国を発着するすべてのフライトはロシアの空港で国際空港ターミナルを使用しております。ロシア連邦およびベラルーシ共和国の国民については、出入国管理へ続く専用通路があります。同2国の国民は、身分証明書、そしてベラルーシ共和国への到着(または同国からの出発)を証明する搭乗券を提示する必要があります。
ロシアとビザの取り決めのある国の国民がシェレメーチエヴォ空港経由でミンスクに発着する場合は、ロシア連邦への入国を許可するロシアビザ、またはその他の書類が必要となります。
シェレメーチエヴォ空港経由でミンスク(ベラルーシ)に発着するお客様は、ロシアのトランジットビザが必要です。モスクワ-ミンスク-モスクワと旅行されるお客様は2つのトランジットビザが必要となります。

ベラルーシ当局の公式見解に基づき、2017年1月9日付のベラルーシ共和国大統領による法令第8号「外国人の査証なし出入国の創設」で制定されたベラルーシ共和国に到着する外国人のビザなし入国手続きは、ロシア連邦からのフライトでベラルーシ共和国に到着されるお客様、またはミンスクからロシア連邦内の空港へ渡航されるお客様には適用されません。ベラルーシ当局は今後も、このようなフライトを国内便と見なします。

Aeroflot PJSCは以上の点を考慮し、ベラルーシ共和国入国の権利を証明できる書類を持たない第三国の国民はミンスクに輸送いたしません。該当する国民は以下のとおりです:

  • そのような書類を持たない場合、ベラルーシ共和国への入国ビザが必要となる国の国民(ロシア連邦のビザおよび滞在居住許可証では必要とされる権利の証明とはなりません)
  • これまで外国人入国審査を通ればベラルーシ共和国への入国ビザが不要だった国の国民(そのような国民は、ベラルーシのビザ、または認められているビザ不要滞在期間内に外国人入国審査を通りベラルーシ共和国領域に入国した際のスタンプを保有している人物に限り、モスクワからミンスクへの飛行が可能)。

ビザなしのトランジット (TWOV)

ロシアを出国する航空券をお持ちの方は24時間までのビザなしトランジットが許可されます。

  • ビザなしのトランジットはベラルーシを離発着するお客様には適用されません。
  • ビザなしのトランジットはクリミア半島の空港をご利用のお客様には適用されません。その場合は入国管理局および税関の検査の対象となります。

警告:

  • 復路航空券/ロシアを出国する航空券をお持ちでないお客様は入国が拒否される場合があります。アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、ロシア連邦、タジキスタン、ウクライナ、ウズベキスタン国民は除外されます。
  • 有効なビザをお持ちのお客様は除外されます。

ヨーロッパ諸国へご旅行のお客様への情報

2013年7月19日以降有効なヨーロッパ諸国への入国に関する規制の変更。変更に伴い、シェンゲン協定国ではない国の国民はシェンゲン協定国への入国時に、有効期限が計画された旅行最終日から3ヶ月以上残存しているパスポートを所持する必要があります。

遵守する必要があるドイツ移民局要件

1. ドイツに旅行されるお客様は本人の署名のある有効なパスポートを所持する必要があります。

2. ドイツとのビザの取り決めのある国の国民はドイツ大使館により発行されたシングルビザがある場合のみ入国します。別のシェンゲン協定国により発行されたシングルシェンゲンビザは自動的に却下されません。しかし、ドイツ連邦による入国審査で旅行の目的地が発行国ではなくドイツであることが判明した場合、入国が拒否される場合があります。この場合に使用されるビザはドイツ大使館に申請したものとなります。すべての事案はケースバイケースの対応となります。マルチエントリービザをお持ちの場合は、最初に入国するのは発行国でなければなりません。その後、マルチエントリービザ所有者はシェンゲン協定加盟国のすべての国に入国することができます。

航空会社は利用者が上記要件を満たさない場合、搭乗を拒否する権利を留保します。

これらの規定は入国に適用されます。つまり、ロシア- ドイツ - ロシアの航空券をお持ちで、ドイツ以外の国の領事館で発行されたビザを所有し、ドイツ領を通過することを確認する書類のないお客様に適用されます。ドイツの入国審査を通過しその他のヨーロッパの国に移動するお客様に関する情報は含まれません。

ページがすべて埋まったパスポートにシェンゲンビザをお持ちのお客様は新しい有効なパスポートをお持ちの場合、ブルガリアおよびラトビアに入国できます。すべてのページが埋まったパスポートは有効でなくてはなりません。そうでない場合「古い」パスポートのビザは無効とみなされます。

ギリシャ国内からのPJSC Aeroflotフライトをご利用のお客様の手荷物を保護するために、1リットルを超える量の油は、適切に梱包されている場合、つまり、追加の特殊硬化コンテナ(段ポールではない)に入っている場合のみ持ち込み手荷物として機内にお持ちいただけます。

キプロス共和国に入国する場合、ロシア連邦およびウクライナ国民は、有効なパスポート、一度の入国が許可されるシングルエントリーキプロスビザまたはプロビザ( 大使館ウェブサイトから取得可能)のみを提示する必要があります。

有効なダブル(2回)またはマルチプル(複数回)エントリータイプのCシェンゲンビザを所有するその他の国の市民は、キプロス共和国に入国し、それらのビザにより許可される期間、同国からのビザを取得することなく滞在することができますが、ビザの期間を超過した滞在は認められません。

オランダ王国の法律(2000年施行外国人法第4条第2項)によって、アムステルダム行きのお客様の旅行書類を写真や動画で撮影することが許可されています。

英国へご旅行のお客様への情報

英国でトランジットのお客様には2014年12月1日以降新しい規則が適用されます。

  • 英国とのビザの取り決めを持つロシア連邦およびその他の国の国民が、アイルランド、チャネル諸島、アイル・オブ・マン(共通旅行エリア)に旅行する場合、空港を離れる前に出入国管理の検査を受ける必要があります。この場合、「UKトランジットビザ」が必要となります。
  • 別の空港に移動するなど、空港を離れずに乗り換えが可能な制限エリア(エアサイド)トランジットの場合、必ず同日の23:59分までにトランジットを行う必要があります。制限エリア(エアサイド)トランジットを行うロシア連邦の国民はビザが不要です。
  • ロシア連邦を含め、ビザが必要な国民はUKトランジットビザがある場合、以下のいずれかの書類を持つ場合を除き、翌日の23:59までトランジット中に空港を離れることができます:
    • オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国への有効なビザ(今回の旅程の一部でなくともかまわない)
    • オーストラリア、ニュージーランド、カナダの有効な居住権(2002年6月28日以降発行のもの)
    • 1998年4月21日以降に発行された米国永住許可証:
      - 現行の永住許可証I-551(ADIT スタンプは不可)
      - 延長申請の許可通知(I-797)を所有している場合は有効期限が切れた永住許可証I-551
      - 未開封の移民ビザ(155A/155B)
    • 欧州経済圏またはスイスの住民証
    • 欧州経済圏またはスイス発行のカテゴリーDビザ
    • 生体認証アイルランドBCまたはBIVSビザ(共通旅行エリア外の別の国へトランジットで通過する許可を付与)
    • お客様が発行国へ移動する場合は、シェンゲンADSビザ
    • ADSビザで到着したのが30日以内であることが証明できる場合、シェンゲンエリアを離れる航空券

18歳未満のお子様が「同伴」ビザで英国に出発する場合は、ビザに指定されている氏名とパスポート番号を持つ人物による同伴が必要です。別の人物を同伴している場合、ビザは無効になります。

トルコへご旅行のお客様への情報

トルコへ旅行されるお客様のパスポートの有効期限に関する要件は2015年1月1日に変更されました。

  • ビザなしで60日間トルコを訪問する権利があるロシア連邦国民のパスポートの有効期限はトルコ共和国への到着日から120日以上なければなりません。
  • ビザなしで30日間トルコを訪問する権利があるベラルーシ国民のパスポートの有効期限はトルコ共和国への到着日から90日以上なければなりません。
  • トルコ、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、スペイン、フランス、スイスを除くすべての国の国民のパスポートの有効期限は以下の計算式を使用して求められます:ビザなしでの滞在が許可される最長日数またはビザの失効日に60日を足す。
  • トルコ、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、スペイン、フランス、スイスの国民は有効期限が切れたパスポートで入国できます。
  • トルコ在住証を保持するお客様はトルコ入国時に有効な書類を所持する必要があります。

米国に出入国またはトランジットするお客様への情報

米国交通安全管理局(TSA)の求めにより、米国法に準拠して旅客リストを処理するために、以下の個人情報の提供が求められます:お客様の氏名、生年月日、性別。また、以前の確認の詳細を提供することもできます。(お持ちの場合はRedress Number)

氏名、生年月日、性別を提供しないことで搭乗拒否または搭乗区域への侵入拒否に繋がる場合があります。TSAは独自の判断によりこの情報をその他の米国当局と共有する権利を有します。詳細情報につきましては、TSAウェブサイトwww.tsa.govを参照してください。

ビザ免除プログラム加盟国の国民が、観光または業務目的で米国へ旅行する場合、最長90日までビザが不要です。米国への旅行の前に、該当するお客様は電子渡航認証システム(ESTA)に登録してください。ESTA規則で、該当国の国民は米国国土安全保障省のウェブサイトで電子渡航許可を申請する必要が定められています:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

ESTAシステムを介した米国入国許可を取得していないビザ免除プログラム加盟国の国民は、米国行きの航空機への搭乗が許可されません。

受託手荷物として銃を持ち込む場合、手荷物にラベルを印刷して貼り付けることは許可されていません。チェックイン担当者に連絡して、適切な税関処理手続きを行うようにしてください。

アラブ首長国連邦へご旅行のお客様への情報

アラブ首長国連邦のEビザは出発前に以下のウェブサイトから取得できます:www.ednrd.ae

印刷したEビザ確認証を提示する用意をしてください。

日本へご旅行のお客様への情報

テロの脅威を防止するため、日本の法務省は2007年11月、移民管理法と難民認定法を改正しました。

この法律が施行されてから、日本に入国するすべての外国人は到着空港での入国管理時指紋採取と写真(顔全体)撮影に同意する必要があります。

また、短時間の面談が求められる場合もあります。上記の手順に同意しない外国人は日本への入国が却下されます。

入国要件は16才以下の子供、日本永住者、永住権取得手続き中の人、公務で訪問する他国の外交官、政府代表者には適用されません。

インドへご旅行のお客様への情報

インド政府電気通信省(DoT)の規制に基づき、外国人はDoTの許可を得てインマルサットのサットフォン(BGANシステムを除く)のみを輸入し使用することができます。

電気通信省からの適切な許可証を所持していない乗客の受託手荷物または携行手荷物として所持される衛星電話は、許可証が提示されるまで没収されます。

インドに商品を輸入する場合は、輸入品の詳細な説明書に記入し、最初の入国時に税関当局に提示しなければなりません。

韓国へご旅行のお客様への情報

不法労働を目的として韓国に入国を試み、入国を拒否される人物の増加に伴い、ロシア連邦の国民が韓国に観光目的で旅行する場合は、以下の書類を携行する必要があります:

  • 復路航空券
  • ホテル宿泊券
  • 滞在期間中の資金
  • 概要を記した旅程表
  • 招待者の連絡先情報

中国のビザなし乗り換え規則

Aeroflotは、中国で北京(PEK)、上海浦東(PVG)、広州(CAN)の3空港に就航しています。

中国では現在、以下のビザなし乗り換え規則が適用されています:

原則的に、空路、海路、鉄道による第三国(香港とマカオを含む)への旅行の継続について確認済みの予約がある旅客は、24時間以内にビザなしで乗り換えが可能です。この24時間に中国国内の他の場所に移動し、その場所から第三国に航行することが許可されています。ただし、出発国に戻ることは禁止されています。

また、以下の51カ国の国民は72~144時間に限り特定の空港をビザなし乗り換えで利用できます:

  • ヨーロッパ(37カ国):オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ共和国、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、英国、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、ウクライナ、セルビア、クロアチア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マケドニア、アルバニア。
  • アジア、中東、オセアニア(8カ国):ブルネイ*、日本*、カタール、シンガポール*、韓国、アラブ首長国連邦、オーストラリア、ニュージーランド。
  • アメリカ(6カ国):アルゼンチン、ブラジル、カナダ、チリ、メキシコ、米国。
    *ブルネイ、シンガポール、日本の国民については入国と乗り換えに関する特別条件が適用されます。

広州でのビザなし乗り換え期間(72時間)と上海でのビザなし乗り換え期間(144時間)は、到着日翌日の00.01から開始されます。北京でのビザなし乗り換え期間(72時間)は空港到着時から開始されます。このカテゴリの乗客によるビザなし乗り換え(72時間)は北京空港(PEK)と広州空港(CAN)にも適用されます。ただし、到着空港から第三国へ航行する必要があります。上海浦東空港(PVG)では144時間以内のビザなし乗り換えが許可されています。お客様は以下の空港から第三国へ航行できます:杭州蕭山(HGH)、南京九州(NKG)、上海虹橋(SHA)、上海浦東(PVG)。さらに、国際海上ターミナルや上海鉄道駅での発着も利用できます。

中国の多くの空港ではビザなし乗り換えが許可されていません。中国の以下の空港ではビザなし乗り換えをご利用になれません:福州(FOC)、黄山(TXN)、牡丹江(MDG)、深セン(SZX)、延吉(YNJ)。中国とのビザ協定のある国の国民に対してビザなし乗り換えが正式に許可されている場合も、これらの空港での乗り換えには少なくとも中国の乗り換えビザが必要となります。この要件は中国国内の一部の空港で乗り換えを行うお客様にも適用されます。たとえばモスクワ - 北京 - 深セン - シドニーというルートが該当します。このようなルートをご利用になるお客様が乗り換えビザをお持ちでない場合、中国への入国は許可されません。

税関規則

税関手続きに要する時間を短縮できるよう、以下の書類を印刷しておくことをお勧めします:

事前に記入した搭乗客税関申告書

搭乗客税関申告書の記入方法 (PDF、111Kb)

詳細につきましては、連邦税関サービスの

ウェブサイトを参照してください

また、

渡航前の保安規則、

およびCJSC AeroMASH - 航空安全ウェブサイトもぜひご確認ください。