warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

ペット

1600x350-012-перелёт_с_животными.png
ペットをお連れになる場合は、航空券の予約・購入時、またはコンタクトセンターまでお電話で出発時刻の36時間前までにお知らせ下さい。ペットの輸送は、航空会社の承認が必要となり、ペットの種類及び数によって制限がございますので、ご了承ください。

コンタクトセンターの電話番号:
+7 (495) 223-5555,(モスクワ市内);
8-800-444-5555,(ロシア国内);
*555(MTS, Beeline, Megafon, Tele2);
海外からお電話される場合.

通話無料です

 

 

小型の愛玩動物(猫、犬、鳥)であれば特殊手荷物としてお預けすることが可能です。イタチ・フェレット・ミーアキャット・フェネック・ロリス・ハリネズミ・ラビット・マーモセットなどの動物の輸送は、愛玩動物である場合のみ可能です。

ペット/鳥の体重とケージの重さが合わせて8kg以下である場合.、機内持ち込みは可能です。

ペット/鳥とケージの重さが8kgを超える場合は、貨物室.での輸送になります。 危険な犬種として特定される犬(番犬・獰猛な犬種・闘犬),は、貨物室で構造強化したケージで輸送されます。

下記の動物は、荷物として(受託手荷物・機内持ち込み手荷物)お預かりできません:

  • 短頭種犬(頭蓋骨の長さの幅に比べて鼻の長さが短い犬):ブルドッグ (ブルドッグ, フレンチ・ブルドッグ, アメリカン・ブルドッグ), パグ, ペキニーズ, シーズー, ボクサー, グリフォン(ベルジアン, ブリュッセル), ボストン・テリア, ボルドー・マスティフ, チン;
  • げっ歯類の動物(モルモット、マウス、チンチラ、シマリス, リス, スナネズミ、ヤマネ、マーモット、ジリス、トビネズミなど);
  • 爬虫類 (亀、イグアナ、ヤモリ、カメレオン、蛇, トカゲ, 蛙など);
  • 節足動物(昆虫・蜘蛛・甲殻類など);
  • 魚、稚魚、水中輸送が必要なその他川や海の生き物;
  • 愛玩動物でない野生動物や鳥;
  • 病気の動物や実験動物
  • 体重がケージの重さと合わせて50kgを超える動物

特殊荷物としてお預かりできない動物の輸送については、貨物航空会社にお問い合わせください。

ペット(動物・鳥)の輸送は、成人旅客が同伴する場合に限ります。

目が不自由なお客様を補助する盲導犬、またはは連邦政府機関の管轄下にある犬訓練士がお連れする警備犬は、犬種及び犬の体重を問わず、機内にお連れいただけます。 但し、機内へ持ち込む場合、犬に口輪・首輪・リードを着用しなければなりません。

お体の不自由なお客様, を同伴する盲導犬は無料で輸送いたします。このサービスは、12歳以上のお客様に対してご提供いたします。

連邦政府機関の管轄下にある犬訓練士がお連れする警備犬の輸送は、特殊手荷物料金に基づき行われます。

注意事項

ご出発の前に、獣医に相談と相談することをお勧めします。ペット用の薬を忘れずにお持ちください。

輸送時にペットは清潔で臭いのない状態でいなければなりません。また、事前にペットをケージやキャリーバッグに慣れさせておくことをお勧めします。

ケージに入ったペット/鳥を機内に持ち込むお客様は非常口付近の座席、エコノミークラスの最前列の座席(バルクヘッド)、お子様をお連れのお客様と同じ列の座席をご利用いただけません。また、ペットをお連れのその他のお客様と同じ列の座席をご利用いただけません。但し、ペット同士がお互い慣れており(同じ家族で飼われている場合など)、当該ペットの輸送予約が同時に行われた場合、隣の席をご利用いただけます。

チェックイン手続き.に関する詳しい情報

次の理由で旅客を拒否可能性がありますされたら、特殊な非標準手荷物としてあなたのペットの輸送:

  • 動物の飛行の交通の制限はなく;
  • (加熱なしトランク); 航空機型の設計上の特徴により手荷物コンパートメントの適切な温度を確保するため不可能です;
  • 動物は足で動物を扱う (昆虫、クモ、甲殻類など)、爬虫類 (カメ、イグアナ、ヤモリ、カメレオン、ヘビ、トカゲ、カエルなど) げっ歯類 (海の豚、ネズミ、毛皮の獣、シマリス、リス、砂、ソニア、モット、ホリネズミなど)、魚や魚の植栽材料、または海/川の動物、および水の輸送を必要とする;
  • 動物/鳥類ではない部屋飼いならされた (動物/鳥野生では、大型の捕食者から);
  • 犬は特別な品種に属しています;
  • コンテナーと共に動物の質量50 キログラムを超える.

場合で動物を輸送するフライトのチェックインを拒否するとき:

  • 動物の運送が合意されていないかは確認されていません;
  • 犬の品種は、旅客運送を要求するときに指定した一致しません;
  • 動物の便の登録に必要な書類がないです;
  • 動物の運送が支払われていません;
  • 動物は、脅迫や落ち着きのない動作を示しています;
  • 他の人の安全と健康への脅威があるまたは航空機に搭乗サービス乗客の違反;
  • セルは、機内または貨物、危険性のある犬の品種 (ガード、積極的な戦い) の運送のための要件を含む動物の運送のための要件を満たしていません
 

ペット輸送に必要な書類

詳しい情報はこちら

 

チェックイン手続き

ペットをお連れのお客様のチェックイン手続きは、チェックインカウンターで行われます。

ロシア連邦航空規則に定めるように、* 「航空輸送にあたって、航空機及・旅客・客室乗務員・航空機の中にある全ての貨物に損害を与える可能性のあるものまたは病気にかかったペットが手荷物として輸送できません」。

*ロシア連邦運輸省の法令<2007年6月28日>第82号により定める「旅客・荷物・貨物の航空輸送一般規則および旅客・荷送人・荷受人に対するサービス提供の要求」

お客様はチェックイン時にペットパスポート及び獣医/検疫所が発行した証明書を提示しなければなりません。上記の証明書は、ペットが病気にかかっておらず予防接種を受けていることを証明する輸送許可書です。侍獣医による診察は、出発予定日まで5日以内に行わなければなりません。

  • ロシア国内線の場合:ペットの輸送を許可する獣医の証明書または許可に関するペットパスポートでの明記を提示しなければなりません。上記の証明書(明記)は、ペットの診察が出発予定日まで5日以内に行われ、当該ペットが病気にかかっておらず予防接種を受けていることを証明するものです。シェレメチェボ空港において、動物検疫所はEチケットの控えに「輸出可」と明記します。
  • ユーラシア関税同盟の各国行きの便の場合:ユーラシア関税同盟の証明書の提示が必要です。証明書の有効期限は、発行日より5日間です。
  • 国際線の場合(関税同盟に加盟していない各国行きの便):国際検疫証明書(公文書様式5A)。ロシア出国の場合、有効期限は24時間です。この証明書は、検疫所で発行できます。
  • 盲導犬の無料輸送サービスをご利用の場合、障害者証明書及び盲導犬の訓練証明書の提示が必要です。
  • 警備犬を輸送する場合、チェックイン時に犬の訓練証明書及び連邦政府機関の管轄下に訓練士の資格を証明できる書類の提示が必要です。
 
 

次のことをお勧めします:

ペットのチェックイン手続きに時間がかかる場合がありますので、時間に余裕を持って空港にお越しすることをお勧めします。

シェレメチェボ空港内の検疫所の場所は、以下の通りです。

ターミナル Е: 2階にあるチケット販売カウンターの向かい側にあります。標識に従ってお進みください。電話番号: +7 (495) 578-96-52 ; +7 (925) 081-87-03 検疫所は24時間運用しています。

ターミナル D: 3階の第45番のチェックインカウンターの向かい側にあるオフィスA315, 標識に従ってお進みください。電話番号: +7(495)578-24-24 (内線 6634) ; +7 (926)533-21-57 (内線 6634) 検疫所は24時間運用しています。

検疫所に関するご意見・ご要望は、下記の電話番号までお寄せください:+7 (495) 578-00-02

チェックイン手続き.に関する詳しい情報

ターミナル2の2階にあるチケット販売カウンターの向かい側にあります。検疫所は24時間運用しています。電話番号: +7 (495) 578-96-52, +7 (905) 590-51-09

 

機内持ち込みのペット

 
 

貨物室でお預かりするペット

 
 

詳しい情報はこちら

 
 
 

詳しい情報はこちら

 
 

補助犬・警備犬の機内持ち込み

 
 

ペット輸送の料金

 
 

詳しい情報はこちら

 
 

詳しい情報はこちら

 
 

米国各都市の発着便の場合

米国の税関・国境取締局(CBP)の告知に基づき、米国へのペット持込の際、米国の税関・国境警備局 (https://www.cbp.gov/) 及び農務省 (https://www.usda.gov/) が定めるペットの持込に関する要求を事前にご確認ください。要求を満たさないお客様は米国の法律が定める法的責任を負う場合がございます。

 

その他情報

お客様は、ペット/鳥の輸送、及び必要な書類の有無に対し、一切の責任を負うものとします。

航空会社は、航空会社の故意の不正行為または過大な過失があった場合を除き、ペット/鳥の傷害、紛失、延着、病気又は死亡、及び渡航先・経由地の入国拒否について、一切責任を負わないものとします。

航空会社のスタッフの義務には、動物の世話が含まれておりません。

ご質問がありましたら、コンタクトセンターのオペレーターまでお問い合わせください。通話無料です。

コンタクトセンターの電話番号:
+7 (495) 223-5555,(モスクワ市内);
8-800-444-5555,(ロシア国内);
*555(MTS, Beeline, Megafon, Tele2);
海外からお電話される場合.