warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

機内での電子機器類の使用に関するご注意

1600x350-out2.png

携帯電話やタブレットは、飛行機が離陸・着陸する際、電源を切る必要がなくなりました。離着陸時に、セルフ(機内)モードにするか、通信電波を発しない状態にしてください。

 

航空機のシステムやコンピューターに障害を与えないため、機内での電子機器の使用ルールについてご確認ください。

次の電子機器は、機内でいつでもご利用いただけます:電気時計、カメラ、ビデオカメラ、小型録音機など、GSM, Wi-Fi, Bluetoothという無線通信を行う機能を有しない電子機器;補聴器・ペースメーカーなど、必要な小型/移動式医療機器(航空券予約時に航空会社の承認が必要です)。

音楽プレイヤー・ゲーム機・カメラなどの電子機器がWi-Fi/Bluetoothという無線通信を行う機能を有する場合、その機能を無効にしてから機内でご利用ください。


携帯電話/スマートフォン、タブレット、電子書籍リーダー、ゲーム機、デジタルオーディオ/ビデオプレイヤーなどGSM, Wi-Fi, Bluetoothという無線通信を行う機能を有する電子機器は、Wi-Fi/Bluetooth機能を無効にし、セルフ(機内)モードにしてから、機内でいつでもご利用できます。;

Wi-Fi/Bluetooth機能を無効にしたノートパソコン/ネットブックは、乗客の搭乗時や飛行中もご利用できます。

重量1kg以上の大型ノートパソコン/ネットブックやその他大型電子機器は、地上走行時・離着陸時、降下時、電源を切り手荷物収納場所へ収納してください。

音を発信する電子機器の場合、有線式イヤホンをご利用ください。無線式イヤホン(Bluetooth)はご利用できません。


 

次の電子機器は、機内でご利用できません:

 

セルフ(機内)モードという機能を有しない携帯電話/スマートフォン、タブレット。

GSM/Wi-Fiモバイル通信サービスを提供する航空機内において【電話の電源をお切りください】というアナウンスが流れた場合、次の電子機器がご利用できます。

ポケットベル、BlueTooth無線式イヤホン、衛星電話を含む無線通信機器;ラジオ受信機、ラジオ発信機、ウォーキートーキー、ポータブルテレビ、アマチュア無線機、ポータブル無線送信機/受信機、リモート機能を有する電子機器/リモートコントロール付きのおもちゃ、無線式マイクロフォン。

上記の電子機器が航空機のナビゲーションシステムや無線機器に影響を与える恐れがある場合、航空機の安全を確保するため、機長の判断で補聴器・ペースメーカーなどの生命維持装置を除く全ての電子機器の利用を制限させていただく場合がございます。


電子機器の通常モードへの切換は、航空機が着陸し、ドアが開いてから行います。