warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

16 8月 2019

アエロフロートがFIBAバスケットボールワールドカップ2019のトロフィーをモスクワに届ける

2019年8月1日、モスクワ – アエロフロートがFIBAワールドカップ2019のトロフィーをモスクワに届けました。8月1日、FIBA2019のトロフィーが東京からロシアの首都に到着しました。同トロフィーは、8月4日に中国へと旅立ちます。トロフィーツアーは中国で8つの開催都市を巡ります。FIBAバスケットボールワールドカップの試合はこれらの都市で8月31日から9月15日まで開催されます。

ワールドトロフィーツアーは2019年5月23日に北京を出発しました。バスケットボール世界大会の優勝トロフィーは五大陸を旅し、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、セネガル、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドおよびいくつかのヨーロッパ諸国を含む国を巡りました。ロシアは24番目の参加国となり、モスクワはトロフィーが中国へ渡る前の最後の地となりました。

アエロフロートはFIBAパートナーおよびFIBAバスケットボールワールドカップ2019のオフィシャルエアラインです。契約にもとづき、ロシアを代表するキャリアは初となるFIBAトロフィーツアーのプレゼンティングパートナーシップ権を保有しています。 アエロフロートおよび世界中のFIBAバスケットボールファンの協力により、世界中の人々に世界を代表する大会の賞品を鑑賞できるめったに無い貴重な機会を楽しんでいただくことができました。

ロシア最大の航空会社は、9月15日に北京で行われる決勝の後のトロフィー授与式の式典を提供します。

FIBAワールドカップ2019のトロフィーは、8月1日ザリャジエ公園にて披露されています。公園の大きな野外劇場にて行われた式典セレモニーには、ロシアバスケットボール連盟の会長であるアンドレイ・キリレンコ氏を始めとする来賓が出席しました。バスケットボールファン向けのイベントには、ロシア代表チームからの賞品がもらえるコンテストなどもありました。トロフィーはザリャジエで当日一日中展示され、8月2日には、モスクワ・シティのAfimallトレードセンター6にて展示されます。またトロフィーは、国際BingoBoomトーナメントのロシア対ヨルダン戦、イラン対ロシア戦の期間中にCSKAのスポーツ施設にて展示されます(8月2日~8月4日)。

           

      
            


            

Aeroflotについて

アエロフロートはロシアの主要航空会社であり、SkyTeamグローバルエアラインアライアンスのメンバーです。アエロフロートは54か国、159の目的地に就航しています。

アエロフロートの250機におよぶ所有機は、100機以上を運航する世界の航空会社の中でも最新のものです。2018年、アエロフロートは3,580万人のお客様にご利用いただきました(子会社を含むアエロフロートグループ全体では5,570万人)。

アエロフロートはSkytraxから四つ星の評価を受け、東欧のベストエアラインとして8度目の受賞を2019年のSkytrax World Airline Awardsにて果たしました。また、アエロフロートは米国航空協会のAPEXからも「5つ星グローバルエアライン」の評価を獲得しています。アエロフロートは最先端の戦略コンサルタント企業であるBrand Financeにより、世界最強のエアラインブランドに挙げられています。

詳しくはこちらhttp://www.aeroflot.com/