warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

07 8月 2019

アエロフロート、利用者数において世界の航空会社上位20位の中でさらに上位へ

2019年7月26日、モスクワ – アエロフロートグループが利用者数における世界の大手航空会社20社で、さらにその地位を上げました。これは、影響力のある国際的な航空業界誌であるAirline Businessが発表した大手航空会社グループ評価の最新データで判明しました。

2018年、アエロフロートグループは5,570万人もの乗客を運び、世界18位にランクインし、去年から2つ順位を上げました。

ロシア最大の航空会社は、伝統的なキャリア部門でヨーロッパ大手航空会社数社を相手にその立場を再確認したことになります。

アエロフロートとその子会社は、航空業界の代表的な指標であるRPK(有償旅客/キロメートル)で16位を獲得し、昨年比から9.9%の伸びを見せました。

世界的な評価として信頼の厚いAirline Businessによれば、アエロフロートの低コストエアラインであるPobeda Airlineが2018年に大躍進を遂げました。 Pobedaは、世界の航空会社上位100社において記録的に利用者数を伸ばしました。年間利用者数における56.8%の成長は、世界の航空業界の中でも最高の数字です。エロフロートの低コスト部門は、以前世界的な航空業界分析会社であるCAPAにより、ヨーロッパの格安航空会社として文句なしのトップとして認められました。

Pobedaの利用者数動向評価における確固たる地位は、ロシア内での航空輸送予算に対する強い需要が反映された結果といえます。これまで、Pobedaはロシアの航空市場において常にプライスリーダーでした。メタ検索エンジンによると、Pobedaは最低運賃を提供するだけでなく、同じ路線を運航する同業他社の運賃も引き下げています。Pobedaの定期便有償搭乗率はロシアでは最も高いものです。2018年に94%だった平均有償搭乗率は、今では96%となり100%に近づく勢いです。

世界の航空エリートの中でその地位を拡大し続けるアエロフロートグループは、アエロフロートが2023戦略で掲げた野心的な目標が成功している明確な証拠といえるでしょう。

Aeroflotについて

アエロフロートはロシアの主要航空会社であり、SkyTeamグローバルエアラインアライアンスのメンバーです。アエロフロートは54か国、159の目的地に就航しています。

アエロフロートの250機におよぶ所有機は、100機以上を運航する世界の航空会社の中でも最新のものです。2018年、アエロフロートは3,580万人のお客様にご利用いただきました(子会社を含むアエロフロートグループ全体では5,570万人)。

アエロフロートはSkytraxから四つ星の評価を受け、東欧のベストエアラインとして8度目の受賞を2019年のSkytrax World Airline Awardsにて果たしました。また、アエロフロートは米国航空協会のAPEXからも「5つ星グローバルエアライン」の評価を獲得しています。アエロフロートは最先端の戦略コンサルタント企業であるBrand Financeにより、世界最強のエアラインブランドに挙げられています。

詳しくはこちらhttp://www.aeroflot.com/