warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

13 5月 2019

アエロフロートが独自の捜索犬用犬種をドッグコミュニティに披露

2019年2月25日、モスクワ — 2月24日、アエロフロートは、ロシア犬学連盟(Russian Cynological Federation)主催のユーラシア2019国際犬展覧会にて独自の捜索犬用スリモヴ犬種を披露しました。ロシア犬学連盟は去年末にこのスリモヴ犬種を認定した団体です。

アエロフロートの調教師が捜索犬を披露し、訓練プロセスや同社の最近の開発である嗅覚監視システムについてのビデオを上映しました。その後、爆発物が入った物体を捜索犬が見つけるデモが行われ、犬の能力が披露されました。

爆発物の発見は、スリモヴ犬の最も重要な任務です。調教師と捜索犬は毎日空港をパトロールし、旅客機を点検して安全を守ります。鋭い嗅覚を持つスリモヴ犬は、他のどの機器よりも爆発物の発見に優れていることが証明されています。

アエロフロートの保安部捜索犬サービスは2001年に創設され、現在では29人の調教師と55匹の犬が所属しています。スリモヴ犬種は、ロシアの著名な生物学者であり、長きにわたりアエロフロートの保安部に協力しているクリム・スリモヴ氏が開発したものです。ラポニアン・ハーダーとトルクメン・キンイロジャッカルをかけあわせた、ジャッカル・ハイブリッド犬種のひとつです。スリモヴは小さく敏捷性にすぐれているため、旅客機の客室内やコンパートメントのように狭い場所でも自由に動き回ることができます。

捜索犬サービスの成功を受けて、アエロフロートは嗅覚監視を導入しました。これは捜索犬が発見した物質の性質を特定し、オペレーターのコンピューターへ情報を送信するための特別なツールが組み込まれたハードウェアとソフトウェアのシステムです。また、嗅覚監視は遠隔から大気環境を分析することができます。貨物のコンテナや航空機の機械室など、捜索犬でも入ることができないエリアを検査するために使用します。特別な機器を使って保安員が大気サンプルを採取し、さらなる分析のために研究所へサンプルを送ります。スリモヴの鋭い嗅覚は、大気サンプルを通したフィルターに残る潜在的危険物が放つほんの少しの匂いも嗅ぎつけます。

Olfactory Monitoring はロシアおよび他7つの国(アメリカ、チェコスロバキア、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、イギリス、ドイツ、日本)で登録されている商標です。

アエロフロートの捜索犬サービスは定期的に受賞しています。2018年12月、同社はイノベーションタイムアワードのバイオテクノロジーと遺伝子工学分野で受賞した初の輸送会社となりました。それを可能にしたのが国際的な受賞を遂げた「アエロフロート・スリモヴ犬」プロジェクトなのです。同社の「スリモヴ犬」FacebookプロジェクトもIPRAゴールデンワールドアワードにて、旅行とツーリズム、デジタルメディアリレーションズとコミュニティエンゲージメントで受賞しています。

Aeroflotについて

アエロフロートはロシアの主要航空会社であり、SkyTeamグローバルエアラインアライアンスのメンバーです。アエロフロートは55か国、152の都市に運行しています。

アエロフロートの強力な253機の航空機は、100機以上を運航する世界の航空会社の中でも最新のものです。2018年、アエロフロートは3,580万人のお客様にご利用いただきました(子会社を含むアエロフロートグループ全体では5,570万人)。

アエロフロートはSkyTraxから4つ星航空会社の地位を獲得しており、2018年にはSkytraxの「ワールド・エアライン・アワード」で7度目となる「東欧最高のエアライン」賞を獲得しました。また、アエロフロートは米国航空協会のAPEXからも「5つ星グローバルエアライン」の評価を獲得しています。

アエロフロートは最先端の戦略コンサルタント企業であるBrand Financeにより、世界最強のエアラインブランドに挙げられています。

詳しくはhttp://www.aeroflot.com/