warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

27 4月 2018

Aeroflot、楽器を機内持ち込み手荷物として輸送する規則を改善

モスクワ、2018年2月14日 – ロシアを代表する合奏団から数回に渡る要望を受け、Aeroflotは、機内持ち込み手荷物として輸送する楽器の許容サイズを115cmから135cm(寸法の合計)へと変更し、ほぼすべての楽器を客室に持ち込めるようにしました。

寸法の合計が135cmを超えるギターについても、航空機の機種と技術的仕様に応じて客室での対応は可能ですが、搭乗者は遅くとも出発の36時間前までに航空会社へ連絡する必要があります。

楽器を機内持ち込み手荷物として輸送する場合、機内持ち込み手荷物として機内に持ち込まれるのはその楽器のみとなります。

Aeroflotが更新した規則は大手の国際的な航空会社のベストプラクティスに準拠するものであり、2018年2月16日より実施されます。

詳細は、Aeroflotのウェブサイトおよびコールセンターでご確認いただけます。

Aeroflotについて

Aeroflot はロシアの主要航空会社であり、SkyTeamグローバルエアラインアライアンスのメンバーです。Aeroflotとその提携航空会社は世界177カ国、1,074都市に就航しております。2017年、Aeroflotは3,280万人のお客様にご利用いただきました(子会社を含むAeroflotグループ全体では5,010万人)。

Aeroflotはそのカスタマーサービスの品質の高さがSkytraxに認められ、4つ星を獲得した最初のロシアの航空会社となりました。2017年、AeroflotはSkytraxの「ワールド・エアライン・アワード」で6度目の「東欧で最高の航空会社」の賞を授与されました。

また、最先端の評価および戦略コンサルタント企業Brand FinanceによりAeroflotはロシアで最も強力なエアラインブランドに挙げられました。TripAdvisorでも利用者により「ヨーロッパ最高のエアライン」に選ばれ、2017年フライヤー・アワード受賞式で「中国で最高の国際線エアライン」と評されました。

Aeroflot は世界でも最新の航空機を運航する航空会社で、232機の航空機を有します。Aeroflotはモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港を拠点としています。

Aeroflotは航空安全分野で屈指のグローバルリーダーであり、世界的に認められている安全評価基準である「外国航空機の欧州共同体安全評価査定」(SAFA)で世界基準の指数を獲得しました。

国際航空運送協会(IATA)の国際安全運航監査プログラム(IOSA)に参加したロシア初の航空会社であり、2017年で7度目の更新となるAeroflotは、IATAの地上業務安全監査委員会(ISAGO)の監査に合格し、ISO 9001:2015、ISO 14001:2004に完全準拠しております。

詳細情報はこちらをご覧ください:http://www.aeroflot.com