warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

SkyTeamアライアンスニュース

02 7月 2013

スカイチーム、イスタンブールのアタテュルク国際空港にて新しいラウンジを開設

イスタンブルにおいてスカイチーム加盟航空会社の協力により、お客様の旅の快適性、効率向上

イスタンブール、2013年7月2日 - グローバルな航空連合(アライアンス)であるスカイチームは、本日、イスタンブールのアタテュルク国際空港にて新しいラウンジを開設しました。このラウンジは、イスタンブールに乗り入れを行っている10のスカイチーム加盟航空会社の便をご利用するエリート・プラス会員様、ファーストクラスおよびビジネスクラスのお客様にご利用いただけます。スカイチームでは、年間7万人以上の利用者を見込んでいます。 

スカイチームのイスタンブールラウンジは、空港サービスの向上を目的とするSkyPort(スカイポート)プロジェクトにおいて大事な一歩です。SkyPortプロジェクトは、空港施設の共有化によるスカイチーム加盟航空会社間の協力を強化するとともに、お客様の旅をさらに快適にするために立ち上がりました。スカイチームは、この取り組みの一環として、2013年末までにシドニー、2014年内に北京と、さらに2カ所のラウンジ開設を計画しています。その他、世界中の空港におけるチェックインカウンターやチケットオフィスの共有化が予定されています。

新しいラウンジは、アライアンスのモットーである「Caring more about you」を表現しています。最大90名のお客様をお迎えできる350平方メートルのスペースには、プリンターや無料Wi-Fi接続を完備したビジネスセンター、酸素バーやマッサージチェアのあるリラクゼーションゾーン、さまざまなお料理やお飲物をご用意したバーやビュッフェ、電源コンセント70口、読書エリアなどがあります。

ロンドン・ヒースロー空港ターミナル4のスカイチーム専用ラウンジと同様、イスタンブールのラウンジでは、スカイチームのシンボルでもあるブロンズのペンダントライト、スマートで曲線的な形状の家具など、全体に丸みを感じさせるデザインがモダンなデザインとバランス良く調和されています。4枚のうち2枚の壁には自然光を採り入れる見晴らしの良い大きな窓があり、もう1枚の壁はさまざまな植物を茂らせたグリーンウォールとなっており、自然を楽しんでいただけます。お仕事にも休憩にも適した静かな環境を維持するため、テレビは専用視聴室でご用意しています。

スカイチームの常務取締役であるマイケル・ウィズブラン氏は、次のように語ります。「スカイチームは、お客様にも加盟航空会社にも有益となる意欲的な取り組みを展開しています。この新しいラウンジは、お客様に空港で快適な時間をお過ごしいただくとともに、イスタンブールに乗り入れる加盟航空会社の協力効果を創出すると期待されます。トルコは世界で最も急速に成長しつつある経済の1つであり、スカイチーム加盟航空会社が世界各地とイスタンブールを結ぶ直行便を運航しています。新しいラウンジへの投資は、この活発な市場でスカイチームブランドを強力にアピールすることになるでしょう。」

イスタンブールのアタテュルク国際空港に乗り入れるスカイチーム加盟航空会社は、アエロフロート航空、エールフランス航空、アリタリア-イタリア航空、中国南方航空、デルタ航空、大韓航空、KLMオランダ航空、ミドル・イースト航空(MEA)、タロム航空、サウディアの10社です。

イスタンブールの新しいスカイチーム・ラウンジの写真は、こちらからダウンロードしていただけます。