warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

会社概要

1600x350-013-headbanner.jpg
ファクト
ファクト

アエロフロートはロシアを事実上代表するキャリアであり、最大の航空会社です。

ヴィタリー・G・サヴェリエフは、アエロフロートの最高責任者兼CEOです(2009年4月10日以降)。

アエロフロートは1923年3月17日創立の世界で最も歴史ある航空会社のひとつであり、ロシアで最も認知されているブランドの一つです。同社は世界一流の独立系ブランドビジネス評価および戦略コンサルタント企業であるBrand Financeにより、世界で最も強力なエアラインブランドに挙げられました。

  • 2017年、95周年を前にしてアエロフロートとその子会社は利用者数5,010万人の乗客を輸送し、乗客数で世界トップ20の航空会社にランクインしました。2018年、アエロフロートグループは航空業界で最も信頼すべき情報源であるAir Transport World誌とFlight Airline Business誌においてエリート的地位を堂々と維持しています。
  • 2023年に向けたビジネス戦略に従い、アエロフロートグループはその100周年を迎えるまでに年間9,000万人から1億人の乗客を輸送する予定です。その他最優先事項として、劇的に国際連絡便を増加させること、ロシア全土にわたる地域基盤ネットワークを構築すること、モスクワの中央ハブを経由しない地域サービスを開発すること、当グループのロシア製航空機保有機数を4倍に増やすこと、人工知能技術の利用を含め新たなレベルのデジタル化を達成することを挙げています。
  • アエロフロートは、1989年に国際航空運送協会(IATA)に加盟したロシア初の航空会社です。
  • 夏季スケジュール(2019年3月31日から2019年10月26日まで)では、モスクワのシェレメチエヴォ空港をハブとして54カ国159路線(ロシア国内58路線)でフライトを運行します。6月1日より、アエロフロートは2本の国内路線(クラスノダールからシンフェローポリまで、およびボルゴグラードからソチまで)と2本の新たな国際路線(モスクワからマルセイユおよびパルマ・デ・マヨルカまで)の開始を予定しています。
  • アエロフロートは、ロシア国内にサンクトペテルブルク、カリーニングラード、ペルミ、ウラジオストクの4つの支店を展開しています。
  • 2019年の5か月間で、アエロフロートは1,450万人(前年比11.3%増)のお客様にご利用いただきました。旅客キロは399億(9.6%増加)、座席利用率は76.3%にもなりました。2019年の5か月間で、合計2,250万人の乗客がすべてのアエロフロート関連企業のフライトを利用しました(14.6%増加)。
  • 乗客のニーズを満たすため、アエロフロートは機体数を増やし、モスクワのシェレメチエヴォ空港に新しいハブを建設しました。2018年、事実上すべての国内線を新しいターミナルBに移動しました。
  • アエロフロートは航空サービスの評価を行う大手独立機関であるスカイトラックス社より、四つ星ランクの承認を受けています。同社はスカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードにて東欧最高の航空会社として7回栄誉に輝いています。また、同社はAPEXの公式航空会社評価で5つ星エアラインに選ばれました。2018年、スカイトラックス社より4つ星ランク、APEXで5つ星ランクを獲得しました。
  • アエロフロートは安全への取り組みの一環として、東欧最大の航空交通管理センター(CFC)を運営しています。また、同社は最新テクノロジーに基づいた最新式の緊急オペレーションセンターを建設しました。同航空会社は独自の航空学校を開設しました。アエロフロートのハブ管理センターは乗り継ぎ接続プロセスを調整し、空港内の航空交通を管理する目的でシェレメチェヴォで運営されています。
  • アエロフロートはサービスの品質と経済効率を高めるため、ビッグデータなどの最も効果的なテクノロジーの導入に取り組んでいます。Bain & Co.社が収集した評価によると、アエロフロートは世界で4番目にデジタル化された航空会社となっています。同社はインターネットアクセスの拡充など、最も先進的なセルフサービスチェックインオプションと機内アメニティを提供しています。
航空機フリート
航空機フリート

アエロフロートは世界でも最新の航空機を100機以上運航しています。保有している全250機には、エアバスA320、A330、ボーイング737、ボーイング777、スホーイ・スーパージェット100(SSJ100)ファミリーが含まれています。

2011年6月より、2005年と2017年の2回にわたる厳密な契約のもと合計50機のスホーイ・スーパージェット100がアエロフロートに届けられています。2018年9月10日、アエロフロートはUnited Aircraft社との間で、2019年から2026年にかけて新しいスホーイ・スーパージェット100を100機を納入する契約を締結しました。2018年の初め、アエロフロートはイルクート社がロシア国内で生産する最新のMS-21-300ジェット機50機を取得することでAvia Capital Services LLC(国営企業ロステック社の100%子会社)と合意に達しました。この結果、2026年までにアエロフロート保有航空機のうちロシア製最新航空機の合計保有数が200機まで増える予定です。

(2019年6月30日時点):
Sukhoi Superjet 100 49機
Airbus А320 78機
Airbus А321 35
Airbus A330 22機
Boeing 737-800 NG 47機
Boeing 777-300ER 19機
パートナーおよびアライアンス
パートナーおよびアライアンス

2006年4月、アエロフロートは世界で2番目の規模を持つ航空アライアンス「スカイチーム」に加盟しました(また2011年には「スカイチーム・カーゴ」に加盟しました)。スカイチームはその広大なネットワークを組み合わせることで、175カ国1,150の就航都市にサービスを提供しています。

アエロフロートはロシア国内および海外の航空会社29社と共同でコードシェア便を運航しています。

ロシア最大かつ急成長中の航空会社アエロフロートグループは、下記3つの子会社を保有しています:Aurora(2013年よりフライトを開始した極東地域の航空会社)、Pobeda Airlines LLC(2014年12月1日より定期便を開始した低コストキャリア)、およびRossiya(2016年3月27日より運行を開始したミドルコストの航空会社)です。

セキュリティ
商品およびサービス

現在、アエロフロートは優れた安全記録、運航信頼性と業界屈指の顧客サービスの評判を誇る航空会社となっています。アエロフロートはIATAの運航安全監査(IOSA)に登録されたロシア初のキャリアです。また、同社はIATAの地上業務安全監査委員会(ISAGO)の認証を受けました。2017年にはこれら2つの基準について正式に認証を受けました。アエロフロートの統合マネジメントシステムは、ISO 9001:2015そしてISO 14001:2004の認証を受けています。

投資家情報
投資家情報

ロシア連邦はアエロフロートの株式の51.17%を保有しています(連邦国家資産管理局を通じて取得)。45%以上が、機関投資家および小口投資家が保有する浮動株となっています。アエロフロートの株式はモスクワ証券取引所(ティッカー:AFLT)で、および普通株の権利を表す海外株式預託証書(GDR)の形態で店頭取引市場で取引されています。

1994年にアエロフロートは公開株式会社として登録されました(2015年7月1日以降は公共株式会社となりました)。PJSC Aeroflot - ロシア航空の株式はモスクワ証券取引所(MOEX)でティッカー:AFLTで取引されています。

2019年第1四半期IFRSの連結業績では、アエロフロートグループの収益は前年比23.3%増加し、1,380.41億ロシアルーブルとなりました。EBITDAは、213.33億ロシアルーブル(前年比21.3%アップ)でした。

環境方針
環境方針

アエロフロートは自主的に環境マネジメントシステムを採用し、認証を受けています。同社は、毎年工夫を凝らし、実施される燃料効率プログラムの枠内で積極的に温室効果ガスの削減に取り組んでいます。カーボン・オフセット・プログラムへの取り組みの一環として、航空便の利用による排出量をお客様自身にご確認いただけるオンラインCO2排出量計算機を導入しています。

地域社会において
社会貢献の方針

アエロフロートは、社会プログラムや慈善団体、地域のイベントを継続的に支援し、地域社会で積極的に役割を果たしています。アエロフロートは次のような様々な社会的取り組みに積極的に関わっています:

  • ロシア中心部と極東、カリーニングラード、シンフェロポリなどの遠方の地域や都市との航空移動を手頃な価格で提供し、国民を地理的に移動しやすくする一律料金プログラム。2018年にこのプログラムはRossiyaのロシア極東地域行きフライトにも拡大されました。
  • 5月に毎年開催される戦勝記念日の祝賀期間に退役軍人の航空旅行を促す国際プログラム。
  • 地元では治療を受けられない重症児に対する、定期的な海外の医療機関への輸送支援。
  • マイレージプログラムの利用者が保有するボーナスマイルを重症児に寄付できるアエロフロートとPodari Zhizn(命の贈り物)基金との共同プロジェクト、マイル・チャリティプログラム。
  • アエロフロートは養子を欲しがっている養親候補者たちに無料の航空輸送を提供し、孤児向けの全国的な慈善活動であるトレイン・オブ・グッド・ホープを支援しています。
  • アエロフロートはその歴史を通し、伝統的にスポーツを支援してきました。同社はロシアオリンピック委員会の一般パートナー、およびロシアオリンピックチームの公式キャリアの地位を獲得しています。同社はロシアナショナルサッカーチームとロシアナショナルバスケットボールチームの公式キャリアであり、ロシアナショナル卓球チームの公式パートナーでもあります。同社はロシアサッカー連合、ロシアバレーボール連盟、ロシア自転車競技連盟、ロシアボクシング連盟、全ロシアダンススポーツ・アクロバットロックンロール連盟、ロシアラグビー連盟、ロシアゴルフ協会に協賛しています。また、CSKAモスクワ・サッカークラブとCSKAモスクワ・プロバスケットボールクラブの公式キャリアでもあります。同社は世界トップのオープンチェストーナメントであるAeroflot Openに協賛しています。
  • ロシア非常事態省(EMERCOM)。アエロフロートはロシア政府と密接に連携し、紛争や自然災害の影響を受けた人々に対し、救助・避難サービスを提供しています。
  • アエロフロートは著名人から構成され、同社が社会のニーズと利益に最適な施策を立てるにあたって助言的機能を果たす公共審議会を設けています。
  • アエロフロートは主要国際航空企業として、ロシア国内および海外事業所で24,000件を超える雇用を提供している大手雇用主です。同社は人材投資への熱心な取り組みを継続しており、2017年に2020年12月1日まで延長された労働協約に基づいて競争力のある給与と福利厚生を備えた先進的な労働環境を支援しています。
メトロロジー(計量学)
社会貢献の方針

PJSC「アエロフロート」は連邦認可機関(Rosakkreditatsiya)より、計器の較正を執り行い、ILAC MRAマークを使った較正証明書を発行するために必要な認可を取得しています。欧州航空安全局 (EASA) Foreign Part-145認証(Tools & Equipment UG.CAO.00132-001/ 14.12.2015)の要件に基づき、航空機の整備で使用される機器やツールには必ずILAC MRAマークの較正証明書が必要です。
較正施設には世界トップメーカーが提供する高精度基準の機器が設置されています。較正は国際ガイドラインに従って執り行われます。
認可事業体としての登録番号:RA.RU.312321.

認可事業体の登記簿抜粋:
認可事業体の名称:パブリック・ジョイント・ストック・カンパニー「アエロフロート ― ロシア航空」
認可者の略称:アエロフロートPJSC
認可証明書番号:RA.RU.312321
ステータス:有効
認可事業体登録の情報入力日:11.10.2017
事業所の住所:141426 Russia, Moscow region, Khimky city, airport SVO-1
認可事業体の電話番号:+7 (495) 578-16-15
認可事業体のメールアドレス: nkorolev@aeroflot.ru
インターネット上のウェブサイト: http://www.aeroflot.ru/

認可範囲 (PDFファイル、137KB)

 

連絡先情報
PJSCアエロフロート - ロシア航空

住所:1 Arbat St., Moscow, Russia, 119019

+7(499) 500-69-05

+7(499) 500-68-67

www.aeroflot.ru