warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業プロファイル

1600x350-013-headbanner.jpg
ファクト
ファクト

Aeroflotはロシアの民間航空のリーダーであり、事実上ロシアを代表する航空会社です。
ヴィタリー・サヴェリエフが2009年4月10日から最高経営責任者を務めます。

1923年3月17日に創立されたAeroflotは、世界で最も歴史のある航空会社のひとつであり、最も有名なロシアのブランドの一つでもあります。世界一流の独立ブランド調査コンサルタント、Brand Financeの調査によれば、世界の航空企業の中でも最も強力なブランドと位置付けられています。

  • Aeroflotは、1989年、ロシアの航空会社として初めて国際航空運送協会(IATA)に加盟しました。
  • Aeroflotはモスクワのシェレメチエヴォ 空港を拠点としています。
  • 2017年夏のスケジュール(3月26日から10月28日)には世界51カ国138の目的地への特別便が含まれます(ロシア国内で50ルート)。ロシア国内には4つの支社があります:サンクトペテルブルク、カリーニングラード、ペルム、ウラジオストク。
  • 国内市場の開発に力を入れており、シベリアおよび極東地域での展開を続けています。
  • 2017年前期において、Aeroflotは15.2百万人の旅行者を輸送しました(前年比13.5%)。旅客キロは428億(11.7%増加)、座席利用率は80.3%(+1.4 p.p.)にもなりました。Aeroflotグループ全体で、合計23百万人の旅行者を輸送しました(16.6%増加)。
  • Aeroflot は、東ヨーロッパ最大の航空交通管理センターを運営しています。
  • 自社の航空学校を開校しました。
  • ハイテクなシミュレーションセンターを作成し、緊急事態発生時の故障や製造プロセスの効果的な管理についても学習できます。
航空機フリート
航空機フリート

100以上の航空機を使って運営する世界の主要航空企業の中では同社のフリートは世界で一番最新式の物となっていますAeroflotは210のエアライナーを保有しています - Airbus А320、А330、Boeing 737、Boeing 777、Sukhoi Superjet 100ファミリー等の航空機を所有しています。

2008年後半以降、AeroflotはAirbus A330長距離エアライナーをフリートに追加しています。2011年には、16機のBoeing 777-300ER 航空機の契約をBoeing社と交わしており、配達は2013年から開始されました。これにより同社は長距離ルートの輸送能力を拡大し、新しいレベルのサービスをお客様にお届けすることができるようになります。

50機の新型航空機Boeing 737-800/737-900 の運営上のリースアレンジが取り決められました。こうした中距離航空機は2013年9月から導入されてきました。

2017年、AeroflotはVEB LeasingおよびUnited Aircraftと追加のSukhoi Superjet 100航空機20機の購入で合意しました。Aeroflotは、Irkut Corporationがロシアで製造する最新のMS-21ジェット機50機の調達も計画しています。

同社のフリート

パートナーおよびアライアンス
パートナーおよびアライアンス

2006年4月、Aeroflotは世界で2番目の規模を持つ航空アライアンス「スカイチーム」に加盟しました(また2011年には「スカイチーム・カーゴ」に加盟いたしました)。スカイチームは、世界177か国1074都市へのフライトを運航しており、広範なネットワークを提供しています。

コードシェアリング契約の一部として、Aeroflotはロシア国内外29社の航空会社と提携しています。

ロシア最大かつ急成長中の航空会社Aeroflotグループは、下記3つの子会社を保有しています:Aurora(2013年よりフライトを開始した極東の合同エアライン)、Pobeda Airlines LLC(2014年12月1日より定期便を開始した低コストキャリア)、およびRossiya(2016年3月27日より運行を開始したミドルコストのエアライン)です。

商品およびサービス
商品およびサービス

Aeroflotは、情報システムは強力なツールとして極めて重要であると認識し、お客様へのサービスの品質と経済効率を高めるため、新しい情報技術導入を進めています。戦略的コンサルティング会社Bain & Companyの調べでは、Aerolotはデジタル化で世界第4位の航空企業となっています。ビッグデータに基づくプロジェクトも含め、複数の有望なプロジェクトとを実装し、機内でのインターネットアクセスサービスを拡大しています。また、ロシア最大のオンラインベンダーとしての役割も果たしています。

セキュリティ
商品およびサービス

Aeroflotは最高の国際安全管理基準に適合しています。Aeroflotはロシア航空会社の中で初めて国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全監査プログラム(IOSA)認定を受け、IOSA認定航空会社として登録されました。また、地上サービス安全監査委員会ISAGO(IATA Safety Audit for Ground Operations)の監査にも合格しました。2017年には認定登録更新のための監査を経て、再度、両規格に適合していることが確認されました。統合品質マネジメントシステムは、ISO 9001:2015そしてISO 14001:2004の認証を受けています

シェレメチェヴォ空港ターミナルD 
シェレメチェヴォ空港ターミナルD 

Aeroflotは継続的に航空機フリートの改善に努めています。その取り組みの一部として、シェレメチェヴォ空港にモダンなターミナルを建設しました。2009年の終わりにオープンしたターミナルDはAeroflotならびにスカイチーム提携パートナーのフライトに利用されています。

投資家情報
投資家情報

Aeroflotのオーナーはロシア政府であり、51%の株式を保有しています。残りの49%は社員を含む個人・法人の株主が所有しています。1994年にAeroflotは公開型株式会社(OJSC)として登録されました。2015年以降、ロシア連邦の法律に従い、組織の法的形式を公開型株式会社(公開型株式会社Aeroflot – ロシア航空、略してAeroflot PJSC)に変更しました。PJSC Aeroflot - ロシア航空の株式はモスクワ株式市場で取引されており、レベル1の株式コードリストにAFLTとして含まれています。

2017年前期IFRSの連結業績では、Aeroflotグループの収益は2349億ロシア・ルーブルに達し、前年比4.9%アップとなりました。EBITDARは461億ロシア・ルーブルとなり、EBITDARマージンは19.6%にも上りました。EBITDAは154億ロシア・ルーブルで、EBITDAマージンは6.6%でした。純利益は合計29億ロシア・ルーブル(17.1%増加)でした。

環境方針
環境方針

Aeroflotでは、環境マネジメントシステムが導入・認定されています。Aeroflot PJSCの2020年までの燃料消費改善プログラム及び省エネ・エコ効率向上プログラムの一部として酸化炭素の排出量削減に積極的に取り組んでいます。カーボン・オフセット・プログラムへの取り組みの一環として、アエロフロートはオンラインCO2排出量計算機を導入しました。航空便の利用による環境への影響をお客様自身にご確認いただけます。この排出量計算器は航空セクターの最新の動向やICAOならびにIATAの手法に沿って開発されました。

社会貢献の方針
社会貢献の方針

Aeroflotは社会活動にも積極的に参加し、慈善団体に継続的な支援を提供し、社会的意義のある活動を広めようとしています。プログラムやキャンペーンの詳細につきましては社会貢献の方針セクションをご覧ください。

労働上の安全
社会貢献の方針

2013年12月28日付の連邦法第426-FZ及び第421-ФЗFZ『ロシア連邦法「労働条件の特別評価」の導入によるロシア連邦法の訂正について』の導入、及びロシア連邦労働法の第212条の訂正に基づき、Aeroflot PJSCは、労働条件の特別評価を行っています。この評価は、継続的に実施される対策のシステムであり、職業上の危険要因が調査され、労働安全衛生基準と実測値の差及び個人用防護具と集団防護具の使用状況を考慮した上で、従業員に対する影響評価が行われます。労働条件の特別評価のパフォーマンス結果に基づき、職場の労働条件のクラス(サブクラス)が決定されます。