warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

取締役会

イェフゲニー・ディートリヒ – 取締役会会長、ロシア連邦運輸大臣、 ロシア連邦第一級政府顧問

非業務執行取締役。2018年にアエロフロートの取締役に就任。
2018年5月よりロシア連邦運輸大臣として務める。
過去の経歴: ロシア連邦国有財産管理国家委員会の顧問・副委員長・委員長(1995~1998年)、ロシア連邦資産関係省の法整備局にて副局長(1998~2004年)、 経済貿易開発局副局長(2004~2005年)、連邦道路局副局長(2005~2012年)、ロシア政府の産業インフラ局副局長(2012~2015年)、運輸管理サービス長官(2015年)、ロシア連邦運輸省副大臣(2015年10月14日~2018年5月18日)。
名誉勲章、ロシア連邦政府表彰、ロシア連邦運輸省より名誉労働者の称号、その他複数の機関から賞を受賞。
モスクワ工業物理大学を卒業し、応用数学で学位を取得(1996年)、 高等民営化大学院から法律の学位を取得 (1999年)。
1973年9月8日、モスクワ地方のムィティシ生まれ。

ディートリヒ、イェフゲニー・イワノビッチ

ヴィタリー・サヴェリエフ – 管理取締役会会長、アエロフロートPJSC最高経営責任者

管理取締役会会長、アエロフロート最高経営責任者。
2009年よりアエロフロートPJSC取締役会の業務執行取締役に就任。
1954年1月18日生まれ。
レニングラードのカリーニン工科大学(1977年)およびパルミーロ・トリアッティ工科経済大学(1986年)より機械工学で学位を取得。
経済学博士号を取得。
ヴィタリー・サヴェリエフ氏は2009年以降アエロフロートのCEOを務めている。
過去の職務:
Sevzapmetallurgmontazh副社長(1984年~1987年)
レニングラード土木事業局本部の副局長(1987年~1989年)。
DialogInvest米ソ合弁会社の社長(1989年~1993年)。
ロシア銀行の取締役会会長(1993年~1995年)。
サンクトペテルブルクのMENATEP銀行の取締役会長(1995年~2001年)。
ガスプロムPJSCの取締役会副会長(2001年~2002年)
ロシア連邦経済開発貿易省の副大臣(2004年~2007年)。
複合企業システマの第一副社長(2007年~2009年)。

ヴィタリー・サヴェリエフ

ミハイル・ポルボヤリノフ — 第一副会長 — 国家開発企業であるロシア開発対外経済銀行(VEB.RF)取締役

非業務執行取締役。2017年にアエロフロートの役員を務める。
2009年より、ロシア開発対外経済銀行のインフラ部門長および同銀行の副会長、執行委員会メンバー。
2017年よりPJSCアエロフロート取締役。
1988年にモスクワ金融大学(Moscow Financial University)を卒業し、ファイナンス(Finance and Credit)の学位を取得。1998年にプレハーノフ記念ロシア経済大学を卒業し、金融・貨幣流通(Finance, Currency Circulation and Credit)学科で経済学の博士号を取得。
現在、Leader and Rostelecomの取締役およびDOM.RFの監査役を務める。
2000年から2009年まで、PJSCアエロフロートの会計主任および副CEOを務める。
1990年から1999年まで、Avtoimportにて会計主任および財務理事に就任。
同氏は、 ロシア名誉エコノミストの称号を授与され、ロシア連邦運輸省から功労賞を受賞。2014年にソチで開催された第22回冬季オリンピックおよび第11回冬季パラリンピックの運営に大きく貢献したことから、ミハイル・ ポルボヤリノフ氏は名誉勲章を授与された。
1966年4月2日、モスクワ生まれ。

ミハイル・イーゴレヴィチ・ポルボヤリノフ

アレクサンドル・ガルシュカ

非業務執行取締役および取締役。

1975年12月1日、モスクワ地方のクリン生まれ。
1997年にモスクワ国立社会大学(Moscow State Social University)を卒業し、経済学の学位を取得。専門教育の学歴:「所有の主題と所有権の専門的分析」、レハーノフ記念ロシア経済大学より「ビジネス評価」プログラム、国家経済及び公共政策のロシア大統領アカデミーより「トップレベル人材確保トレーニングプログラム」。エジンバラ大学(英国)にて「2050年までのロシア連邦における人的資源保全と人材開発の戦略」プロジェクトワークのインターンシップ。
1996年から2013年まで、企業・教育・社会活動に取り組む。2010~2013年、全ロシア公共団体「ビジネスロシア」代表、戦略的イニシアチブ機関の監査役および複数のロシア連邦政府専門家会議のメンバー(経済、近代化と革新、国家プロジェクトおよび人口成長)を務める。後にロシア国立研究大学経済高等学院の教授(2012年)と全ロシア人民戦線の共同議長(2013年)を務める。2013年、モスクワ市長選中、ソビャーニン氏の連邦評議会候補に選ばれる。さらに、自身の成功は彼をロシア極東開発省大臣の椅子へと導いた(2013~2018年)。
名誉勲章、ピョートル・ストルイピン一等勲章、聖ウラジミール三等勲章、ロシア連邦大統領表彰、ロシア連邦政府功労賞、その他複数の政府表彰のほか、各省庁からも受賞している。

アレクサンドル・ガルシュカ

イーゴリ・カーメンスコイ — 業務執行取締役、ルネサンスブローカーLLC

独立取締役。2014年にアエロフロートの取締役に就任。
2015年よりRenaissance Broker LLCの業務執行取締役に就任。過去の経歴: Soyuzkontrakt副社長(1992~1998年)、ロスバンク副社長(1999年)、ロシア連邦州政府会長顧問(2000~2002年)、連邦評議会役員につづき連邦評議会副会長(2002~2009年)、ルネサンス・キャピタル取締役会会長(2009~2014年)、ルネサンス・キャピタル金融コンサルタントLLCマネージング・パートナー(2014~2015年)。モスクワ教育大学を卒業し、ロシア言語と文学の学位を取得。 
1968年1月25日、キエフ生まれ。

イーゴリ・アレクサンドロビッチ・カーメンスコイ

マクシム・リクストフ – モスクワ副市長、モスクワ交通道路インフラ開発局局長

非業務執行取締役および取締役。

2012年9月、モスクワ市長の命を受けて、モスクワ副市長、モスクワ交通道路インフラ開発局局長に就任。
2007年、プレハーノフ記念ロシア経済大学を卒業し、銀行業と金融の学位を取得。2012年、International Law Instituteを卒業し、経営学の学位を取得。2016年、「職業安全衛生」プログラムのもと、「Institute of International Standards of Accounting and Management」の自立商業組織コースに出席。
2011年12月よりモスクワ交通道路インフラ開発局局長を務める。2011年4月から、モスクワ市長の交通道路インフラ開発関連案件の顧問を務める。これらの役職以前はAeroexpress LLCの最高経営責任者を務めていた(2009~2010年)。その前にはTransGroup LLCの取締役を務める(2005~2008年)。
過去の受賞歴:2013年 – ロシア連邦運輸省名誉労働者、2016年 – ロシア連邦下院議長感謝賞、2017年 – 友好勲章、2018年 – ロシア連邦大統領表彰、2018年 – 財務省表彰。
1976年6月19日、エストニア・ソビエト社会主義共和国のロクサ生まれ。

マクシム・リクストフ

ドミトリー・ペスコフ – デジタルおよび技術的開発のロシア連邦大統領特別代表

非業務執行取締役。2014年にアエロフロートの取締役に就任。
2011年より、戦略的イニシアティブ局にて若手専門家プログラムのディレクターを務める。
その前は、研究担当副学長およびイノベーション担当部長(2000~2009年)、全ロシア博覧センター(VVTs)戦略的研究代表を含め、外務省の大学で様々な役職を歴任。ロシア連邦政府専門家会議のメンバー、ロシアベンチャーカンパニーの役員。
モスクワ社会経済大学およびマンチェスター大学より修士号を取得し、ボロネジ州立大学では学士号を取得。
1975年12月26日、ボロネジ生まれ。

ドミトリー・ニコラエビッチ・ペスコフ

ワシリー・ シドロフ – Aridaの最高経営責任者

独立取締役。2013年にアエロフロートの取締役に就任。
2012年よりAridaの最高経営責任者を務め、2010年よりEuroatlantic Investmentsのマネージング・パートナーを務める。
その前には、スヴャジインベスト副最高経営責任者 (1997~2000年)、Sistema Telecom第一副社長(2000~2003年)、MTS社長(2003~2006年)、Telecom Express グループ共同オーナー(2006~2010年)。2012年よりロシア鉄道の取締役を務める。
2016年、プライスウォーターハウスクーパース(PWC)、独立取締役協会(AID)およびロシア産業企業家同盟(RUIE)主催の授賞式にて独立取締役部門で取締役オブザイヤーを受賞。
ウォートン経営学部から金融学の学位を取得し、外務省付属大学からは国際公法の学位を取得。
1971年2月2日、アテネ生まれ。

ワシリー・ ワシリエヴィチ・シドロフ

ユーリ・スリュサル — 統一航空機製造会社社長

非業務執行取締役および戦略委員会委員。2015年にアエロフロートの取締役に就任。
2015年1月より統一航空機製造会社社長を務める。過去の経歴: ロストヴェルトル商務責任者(2003~2009年)、産業貿易省大臣顧問(2009年)、航空産業局局長(2010~2012年)および産業貿易省副大臣(2012~2015年)。モスクワ国立大学より法学の学位を取得し、国家経済アカデミーより経済学の修士号を取得。
1974年7月20日、ロストフ・ナ・ドヌ生まれ。

ユーリ・ボリソビッチ・スリューサル

マクシム・ソコロフ – LSRグループ第一副最高経営責任者

非業務執行取締役および戦略委員会委員。2018年にアエロフロートの取締役に就任。
2018年8月より、LSRグループの執行委員会会長、CEOおよび取締役を務める。
サンクトペテルブルク国立大学経済学部にて講師を務める(1991~1993年)。JSC Frezi Grantの代理商(1992~1993年)、CJSC RossiのCEO(1993~1999年)、LLC Corporation SのCEO(1999~2004年)、サンクトペテルブルクの投資および戦略プロジェクト委員会委員長(2004~2009年)、サンクトペテルブルク市議会議員、 サンクトペテルブルク政府経済開発・産業政策貿易委員(2009年)、ロシア連邦政府産業インフラ部門長官 (2009~2012年)、ロシア連邦運輸省大臣(2012~2018年)、LSRグループの戦略および投資委員会委員長(2018年6月~8月)。
受賞歴:名誉勲章、第2級祖国貢献勲章、ロシア連邦大統領表彰。ロシア連邦大統領より功労賞を受賞。ロシア連邦運輸省より名誉労働者の称号が与えられている。
1991年、サンクトペテルブルク国立大学経済学部を卒業し、政治経済学で学位を取得。経済学の博士号を取得している。
1968年9月29日、レニングラード生まれ。

マキシム・ユーリエビッチ・ソコロフ

セルゲイ・チェメゾフ – 国営企業ロステック社CEO

非業務執行取締役。2011年にアエロフロートの取締役に就任。
2007年12月より国営企業ロステック社の最高経営責任者を務める。
ソ連および東ドイツのイルクーツク貴金属・非鉄金属研究所と実験的製造協会「Luch」でキャリアを開始(1983~1988年)。Sovintersport最高経営責任者(1988~1996年)、大統領行政局の対外経済関係部代表(1996~1999年)、Promexport最高経営責任者(1999~2001年)、 ロソボロネクスポルト第一副最高経営責任者(2001~2004年)、その後ロソボロネクスポルト最高経営責任者を務める(2004~2007年)。
統一ロシア党最高会議管理局員。ロシア技術組合会長およびロシア機械工学組合経営者協会会長。モスクワ国際関係大学の軍事協力およびハイテク経営学部学部長。ロソボロネクスポルト、VSMPOアヴィスマ社、トラック製造会社KAMAZ、Uralkali肥料会社の取締役会長。JSCユナイテッド・エアクラフト・コーポレーション、JSC JSCB国際金融クラブ(IFC Bank)、Alliance Rostec Auto B.V.の取締役。ロステック、統一ロケット・宇宙会社、国営宇宙開発企業ロスコスモスを含む多くのロシア企業監督委員会の委員を務めている。
経済学で博士号を取得し、イルクーツク国立経済研究所および軍陸軍士官学校で学位を取得。軍事科学アカデミーの教授および会員。
1952年8月20日、イルクーツク地方生まれ。

セルゲイ・ヴィクトロビッチ・チェメゾフ