warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

取締役会

ミハイル・ヴィクトロヴィッチ・ヴォエヴォジン – VSMPOアヴィスマ社CEO

取締役、非業務執行取締役。

取締役会の戦略委員および人事・報酬委員。
2009年7月より、VSMPOアヴィスマ社のCEOに就任。
2017年よりPJSCアエロフロート取締役。
1975年5月3日、モスクワ生まれ。
1996年にプレハーノフ記念ロシア経済大学を卒業し、経済サイバネティクスの学位を取得。2001年にロシア外務省外交アカデミーを卒業し、世界経済学および国際経済関係学の学位を取得。
2009年3月から2009年7月まではVSMPOアヴィスマ社の社長を務める。 
2006年より、VSMPOアヴィスマ社の取締役。
2005年、Prominvestの業務執行取締役、PROMINVEST PJSCの第一副CEOに就任。
2002年より、Rostec社傘下の投資会社であるProminvestで複数の管理職に就任。

ミハイル・ヴィクトロヴィッチ・ヴォエヴォジン

ディートリヒ、イェフゲニー・イワノビッチ – ロシア連邦運輸大臣、第1級政府顧問

1973年9月8日、モスクワ地方のムィティシ生まれ。
1996年にモスクワ工業物理大学を卒業し、応用数学で学位を取得。1999年には高等民営化大学院(VSHPP)から法律の学位を取得。
1995年から1998年まで、ロシア連邦国有財産管理国家委員会の顧問・副議長・議長を歴任。
1998年から2004年まで、ロシア連邦資産関係省の法整備局にて副部長・部長・副局長を歴任。
2004年から2005年まで、経済貿易開発局副局長に就任。
2005年から2012年まで、連邦道路局副局長に就任。
2012年から2015年まで、ロシア政府の産業インフラ部門副長官に就任。
2015年、運輸管理サービス長官を務める。
2015年10月14日から2018年5月18日までは、ロシア連邦運輸省副大臣に就任。
2018年5月18日、ロシア連邦運輸大臣に任命される。
名誉勲章、ロシア連邦表彰、「ロシア運輸名誉労働者」バッジを授与されている。

ディートリヒ、イェフゲニー・イワノビッチ

イーゴリ・アレクサンドロビッチ・カーメンスコイ – ルネサンスブローカー有限会社の業務執行役員

取締役、独立取締役。

取締役会の監査委員、人事および報酬委員長、戦略委員。
2014年より、ルネサンスブローカー社の業務執行役員に就任。
2014年よりPJSCアエロフロート取締役。
1968年1月25日、キエフ生まれ。
1993年にモスクワ教育大学を卒業しロシア言語文学の学位を取得。 
2014年から2015年まで、ルネサンスキャピタル金融コンサルティングリミテッドのマネージング・パートナーに就任。
2009年から2014年まで、ルネサンスキャピタルリミテッドの取締役会会長を務める。
2002年から2009年まで、連邦院議員、連邦院委員会副委員長を務める。
2000年から2002年まで、国家院会長顧問。
1999年、ロスバンクの副社長を務める。
1992年から1998年まで、ソユーズコントラクト社の副社長を務める。

イーゴリ・アレクサンドロビッチ・カーメンスコイ

ローマン・ヴィクトロヴィッチ・パホーモフ

1971年3月4日、キューバのハバナ生まれ。
マカロフ国立海事大学を卒業。国家経済及び公共政策に関するロシア大統領アカデミーより、財務管理および銀行経営のMBAを取得。英キングストン大学より国際経営のMBAを取得。同氏の経歴はNorthern Shipping Companyに始まる。
1998年、インコムバンクの企業ユニット開発および法人サービス室法人サービス部で上級専門員に就任。
1998年後半から1999年まで、Novorossiysk Shipping Companyにてローンおよび債権サービスの次長を務める。
1999年から2001年まで、マリタイム銀行の内部統括サービス長に就任。
1999年から2004年まで、投資会社センターキャピタルのCEOに就任。
2004年から2008年まで、異なる時期にVIM航空の副社長、第一副CEO、CEOを務める。
2008年から2009年まで、アトラントソユーズ航空の業務執行役員に就任。
2009年から2010年まで、ロシア航空(Rossiya State Transport Company)のCEOおよびCEO顧問に就任。
2010年、ロステック社副CEO顧問(ハイテク産業製品の開発製造および輸送を後押しする国有企業)。
2010年11月より現職に就任している。

ローマン・ヴィクトロヴィッチ・パホーモフ

ドミトリー・ニコラエビッチ・ペスコフ – 自治非営利団体「新プロジェクト推進のための戦略的イニシアチブ機関」 で「若手専門家」分野ディレクター

取締役、非業務執行取締役。

取締役会の戦略委員および人事・報酬委員。
2011年より、戦略的イニシアチブ機関で若手専門家のディレクターを務める。
2014年よりPJSCアエロフロート取締役。
1975年12月26日、ボロネジ生まれ。
1998年にボロネジ州立大学を卒業。1999年、モスクワ社会経済大学およびマンチェスター大学より修士号を取得。
2009年より、全ロシアエキシビションセンターにて戦略的イニシアチブの局長を務める。
2000年より、モスクワ国際関係大学(MGIMO University)にて戦略開発の取り組みを指導し、インターネットポリシーセンターを牽引、およびロシア国際研究協会の創設を監督。最後の職務は、科学部副学長、イノベーション担当局長。
現在加入している組織:国家経済会議の社会政策および人材開発に関する部会、ロシア連邦政府有識者会、世界技能ロシア動向監視委員会、
自治非営利団体デジタル・エコノミー、その他数多くの調整機関や審議会委員。
2018年7月10日のロシア連邦大統領令第413号により、ペスコフ氏は、デジタルおよびテクノロジー開発においてロシア連邦大統領の特使に任命されました。

ドミトリー・ニコラエビッチ・ペスコフ

ミハイル・イーゴレヴィチ・ポルボヤリノフ – ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank) 第一副会長 – ロシア開発対外経済銀行 取締役

取締役、非業務執行取締役。

2009年より、ロシア開発対外経済銀行のインフラ部門長および同銀行の副会長、執行委員会メンバー。
2017年よりPJSCアエロフロート取締役。
1966年4月2日、モスクワ生まれ。
1988年にモスクワ金融大学(Moscow Financial University)を卒業し、ファイナンス(Finance and Credit)の学位を取得。1998年にプレハーノフ記念ロシア経済大学を卒業し、金融・貨幣流通(Finance, Currency Circulation and Credit)学科で経済学の博士号を取得。
現在、Leader and Rostelecomの取締役およびDOM.RFの監査役を務める。
2000年から2009年まで、PJSCアエロフロートの会計主任および副CEOを務める。
1990年から1999年まで、Avtoimportにて会計主任および財務理事に就任。
同氏は、 ロシア名誉エコノミストの称号を授与され、ロシア連邦運輸省から功労賞を受賞。2014年にソチで開催された第22回冬季オリンピックおよび第11回冬季パラリンピックの運営に大きく貢献したことから、ミハイル・ ポルボヤリノフ氏は名誉勲章を授与された。

ミハイル・イーゴレヴィチ・ポルボヤリノフ

ヴィタリー・サヴェリエフ

管理取締役会会長、最高経営責任者

1954年1月18日生まれ。
レニングラードのカリーニン工科大学(1977年)およびパルミーロ・トリアッティ工科経済大学(1986年)より機械工学で学位を取得。
経済学博士号を取得。
ヴィタリー・サヴェリエフ氏は2009年以降アエロフロートのCEOを務めている。
過去の職務:
Sevzapmetallurgmontazh副社長(1984年~1987年)
レニングラード土木事業局本部の副局長(1987年~1989年)。
DialogInvest米ソ合弁会社の社長(1989年~1993年)。
ロシア銀行の取締役会会長。(1993年~1995年)。
サンクトペテルブルクのMENATEP銀行の取締役会長(1995年~2001年)。
ガスプロムPJSCの取締役会副会長(2001年~2002年)
ロシア連邦経済開発貿易省の副大臣(2004年~2007年)。
複合企業システマの第一副社長(2007年~2009年)。

ヴィタリー・サヴェリエフ

ワシリー・ ワシリエヴィチ・シドロフ – インフラストラクチャ・長期資産資本再構成エージェンシー有限会社 CEO

取締役、独立取締役。

2016年に独立取締役部門で取締役オブザイヤーに選ばれました(独立取締役協会[IDA] – ロシア産業人と起業家の組合[RUIE] – PwC)。
アエロフロートPJSC取締役会の監査委員長、人事および報酬委員、戦略委員。
2012年11月より、AridaのCEOに就任。
2013年よりPJSCアエロフロート取締役。
1971年2月2日、ギリシャのアテネ生まれ。
1993年にモスクワ国際関係大学(MGIMO University)を卒業し、国際公法の学位を取得。また、ペンシルベニア大学ウォートン校から金融の学位を取得。
2012年から2018年まで、ロシア鉄道取締役。
2010年から2017年まで、ユーロアトランティック・インベストメント社のマネージング・パートナーに就任。
2006年から2010年まで、テレコム・エクスプレスグループの共同オーナーとなる。
2003年から2006年まで、MTSの社長を務める。
2000年から2003年まで、システマテレコム社の第一副社長に就任。 
1997年から2000年まで、スヴャジインベスト社の副CEOを務める。

ワシリー・ ワシリエヴィチ・シドロフ

ユーリ・ボリソビッチ・スリューサル – 公開型株式会社ユナイテッド・エアクラフト・コーポレーション社長

取締役、取締役会戦略委員。

2015年より、ユナイテッド・エアクラフトの社長を務める。
2015年よりPJSCアエロフロート取締役。
1974年7月20日、ロストフ・ナ・ドヌ生まれ。
1996年にモスクワ国立大学を卒業し、法学の学位を取得。 2003年にロシア連邦国民経済アカデミーにて大学院プログラムを修了。経済学の博士号を取得。
2012年、ロシア連邦産業貿易副大臣に任命される。
2010年、ロシア連邦産業貿易省航空産業局局長に就任。
2009年、産業貿易大臣補佐に就任。
2003年より、ロストヴェルトル(ロストフ・ナ・ドヌ)の商務責任者に就任。
2003年までは複数の企業に所属。

ユーリ・ボリソビッチ・スリューサル

マキシム・ユーリエビッチ・ソコロフ – LSRグループの執行委員会会長、CEOおよび取締役

1968年9月29日、レニングラード生まれ。
1991年、サンクトペテルブルク国立大学経済学部を卒業し、政治経済学で学位を取得。経済学の博士号を所有。
1991年から1993年まで、サンクトペテルブルク国立大学経済学部にて講師を務める。
1992年から1993年まで、JSC Frezi Grantの代理商に就任。
1993年から1999年まで、CJSC RossiのCEOを務める。
1999年から2004年まで、LLC Corporation SのCEOを務める。
2004年から2009年まで、サンクトペテルブルクの投資および戦略プロジェクトの委員会で委員長を務める。
2009年、サンクトペテルブルク政府経済開発・産業政策貿易委員会委員長に就任。
2009年から2012年まで、ロシア連邦政府の産業インフラ部門長官に就任。
2012年から2018年まで、ロシア連邦運輸大臣を務める。
2018年の6月から8月まで、LSRグループの戦略および投資委員会で委員長を務める。
2018年8月より、LSRグループの執行委員会会長、CEOおよび取締役を務める。
ロシア連邦第2級国家顧問。
受賞歴:名誉勲章、第2級祖国貢献勲章、ロシア連邦大統領表彰。ロシア連邦大統領より功労賞を受賞。ロシア連邦運輸省より名誉労働者の称号が与えられている。

マキシム・ユーリエビッチ・ソコロフ

セルゲイ・ヴィクトロビッチ・チェメゾフ — 先端技術産業生産の開発、生産、輸出を支援する国営企業ロステックのCEO

取締役、非業務執行取締役

2007年12月より、国有企業ロステックのCEOを務める。
2011年よりPJSCアエロフロート取締役。
1952年8月20日、イルクーツク地方のチェレムホヴォ生まれ。
イルクーツク国立経済研究所を卒業、およびロシア軍陸軍士官学校の上級課程を修了。経済学博士、教授、軍事科学アカデミー正会員。
ロソボロネクスポルト、VSMPOアヴィスマ、カマーズ、Uralkaliの取締役会長。
国際金融クラブおよびAlliance Rostec AUTO BV合弁会社の取締役。ロステックおよびロスコスモス国有企業の監査役を務める。
2004年から2007年まで、ロソボロネクスポルトのCEOに就任。
2001年から2004年まで、ロソボロネクスポルトの第一副CEOに就任。
1999年から2001年まで、PromexportのCEOを務める。
1996年から1999年まで、ロシア連邦大統領行政局の対外経済関係部代表。
1988年から1996年まで、Sovintersportの副CEOに就任。
1980年より、Luch研究産業アソシエーション(Luch Research-Industrial Association)に勤務。1983年から1988年まで、東ドイツのLuchアソシエーション代表オフィスにて代表を務める。
同氏の経歴は、イルクーツク貴金属・非鉄金属科学研究所に始まる。
統一ロシア党最高会議管理局員。ロシア技術組合会長。ロシア技術労働者組合会長。モスクワ国際関係大学(MGIMO University)の軍事技術協力および高度技術に関する部門の部門長。
政府およびその他名だたる賞を多数受賞。

セルゲイ・ヴィクトロビッチ・チェメゾフ