warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

11 11月 2019

アエロフロート、冬季運航スケジュールを発表

2019年10月25日、モスクワ – アエロフロートは2019年10月27日から2020年3月29日まで運航される冬季スケジュールを発表しました。

来る冬季時刻表の特徴は、夏季と比較して多数の既存路線でフライトの頻度が増加したことです。

アエロフロートは次のような人気のレジャー観光地への便数を大幅に拡大いたします:ドバイ(週21便から28便)、バンコク(週7便から14便)、プーケット(週5便から15便)。季節的な需要に応えるため、アエロフロートはマイアミ(週4便から5便)、マレ(週5便から7便)、ホーチミン市(週2便から3便)へのフライト頻度を増やします。ロシアを代表する航空会社は、子会社のロシア航空との共同運航便でモスクワからデンパサール(週2便から3便)およびコロンボ(週2便から5便)への路線でより多くのフライトを運航します。

モスクワから次のロシア国内の各都市とCIS諸国の目的地へのフライト頻度が増加します:ボルゴグラード(週35便から42便)、エカテリンブルク(週63便から70便)、クラスノヤルスク (週21便から28便)、ミネラーリヌィエヴォードィ(週35便から42便)、ニジネバルトフスク(週14便から21便)、オレンブルク(週14便から28便)、ロストフ・ナ・ドヌ(週28便から56便)、サンクトペテルブルク(週140便から154便)、ソチ(週77便から84便)、チェリャビンスク(週35便から42便)、ウファ(週49便から56便)、ミンスク(週35便から42便)。また、アエロフロートはモスクワ・ユジノサハリンスク線において、子会社のロシア航空が毎日運航している便に加えて、週7便の自社便の運航を開始いたします。

この冬、アエロフロートは53カ国の149の目的地にフライトを運航します。同航空会社の路線網は、ロシア全土で55路線、CIS7カ国で17拠点、77箇所の海外目的地に広がっています。

アエロフロートの広大な路線網は、子会社である航空会社が提供するサービスにより補完されています。ロシア航空はアエロフロートの営業管理の下、47路線(うち、独自路線は42本)でフライトを運航します:サンクトペテルブルクからは39本、モスクワからは8本です。ロシア極東では、オーロラ空港がアエロフロートの営業管理の下、16路線でフライトを提供します。独自の路線網を開拓しているLCCであるPobedaは、86箇所の目的地(うち、独自路線は35本)に就航します。

2019/2020冬季、アエロフロートグループは56カ国へ路線298本(うち、独自路線は242本)で定期便を運航します。

アエロフロートのサービスは、パートナー航空会社とのコードシェア契約により強化されています。コードシェア契約により、アエロフロートは以下の162の目的地と19カ国への不定期便を追加で提供しています:アルバニア、アルジェリア、アルゼンチン、オーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、ガーナ、アイスランド、ケニア、ラオス、ルクセンブルク、マケドニア、マルタ、メキシコ、モロッコ、ミャンマー、ニュージーランド、サウジアラビア、チュニジア。

提携航空会社分も含め、アエロフロートグループは2019/2020冬季に75カ国へ向けて路線460本(404本の不定期便)のフライトを提供いたします。

Aeroflotについて

エアロフロートはロシアの主要航空会社であり、SkyTeamグローバルエアラインアライアンスのメンバーです。アエロフロートは53か国、149の目的地に就航しています。

アエロフロートの強力な249機の航空機は、100機以上を運航する世界の航空会社の中でも最新のものです。2018年、アエロフロートは3,580万人のお客様にご利用いただきました(子会社を含むアエロフロートグループ全体では5,570万人)。

アエロフロートはSkytraxから四つ星の評価を受け、東欧のベストエアラインとして8度目の受賞を2019年のSkytrax World Airline Awardsにて果たしました。また、アエロフロートは米国航空協会のAPEXからも「5つ星グローバルエアライン」の評価を獲得しています。アエロフロートは最先端の戦略コンサルタント企業であるBrand Financeにより、世界最強のエアラインブランドに挙げられています。

詳しくはこちら http://www.aeroflot.com/