warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

手荷物検査

1600x350-предполетный досмотр (2).png
以下の品物の機内持ち込みは禁止されています

シェレメーチエヴォ国際空港のセキュリティは、AeroMASH–Aviation Security Closed Joint-Stock Company(1998年設立)より提供されています。
AeroMASH–Aviation Security CJSCは、ICAO/IATA基準およびロシア連邦航空法に従って航空輸送における航空安全の規制および原則に準拠したロシア初の企業の1社に数えられます。

飛行前および飛行後検査規則の付録1(2007年7月25日付のロシア連邦運輸省第104号令で承認)に従い、搭乗客が以下の危険物および品目を受託手荷物または機内持ち込み手荷物に入れて持ち込むことは禁止されています。

磁性物質

爆発物および武器

有毒物質

可燃性液体

可燃性固体

放射性物質

圧縮ガスおよび液化ガス

酸化剤および有機過酸化物

毒性物質

苛性および腐食性物質

リチウム電池を搭載した個人用の小型移動補助器具および搭乗客や客室乗務員への攻撃に使用されたり、飛行中の航空機を危険にさらしかねないその他の有害物質、品目、物品。

旅客情報

以下の品物の機内持ち込みは許可されています
以下の品物の機内持ち込みは許可されています

客室乗務員と搭乗客は以下の品目や物質を航空機内へ持ち込むことができますが、次の要件に従うものとします:

受託手荷物、または航行中に搭乗客がアクセスできない貨物室にある品目

  • クロスボウ、捕鯨砲 [*]、サーベル、騎兵刀、手斧、三日月刀、幅広刀、長刀、銃剣、短刀、飛び出しナイフ、ロックナイフ、あらゆる種類のレプリカ武器
  • 刃渡り60mm超の家庭用ナイフ(はさみ)
  • 5リットル以下(搭乗客1人当り5リットル以下)の小売包装に入った、体積比アルコール含有量が24%以上70%以下のアルコール飲料
  • 体積比アルコール含有量が24%以下の液体およびアルコール飲料
  • 内容物の自然放出を防止するためキャップで保護されたスポーツまたは家庭用のエアゾール容器で、容量が0.5kgまたは500ml以下のもの(搭乗客1人につき2kgまたは2リットル以下)
  • 標準の容器に収納された水銀入り医療用体温計(搭乗客1人1個まで)

機内持ち込み手荷物:

  • 水銀が含まれていない医療用体温計
  • 標準の容器に収納された水銀血圧計(搭乗客1人1個まで)
  • 漏れ防止型容器に梱包され、発送者印で封がされた気圧計または水銀温度計
  • 使い捨てライター(搭乗客1人1個まで)
  • 生鮮食品冷却用ドライアイス(搭乗客1人あたり2kg以下)
  • 3%の過酸化水素 ― 搭乗客1人当り100ml以下
  • 無害と判断され、100ml以下(または他の体積単位で同量相当)の容器に入った1リットル以下の透明なプラスチック袋にしっかりと密封された液体、ジェル、エアゾール(搭乗客1人につき1パッケージ)。

容器に入った液体

100mlを超える容器は、部分的にしか満たされていない場合でも輸送は認められていません。
医薬品、ベビーフード、食事上の特別対応が必要な場合は例外とします。

空港の免税店で購入された液体

空港の免税店または機内で購入された液体は、航行中に内容物が識別できるプラスチック袋でしっかりと密封する必要があります。袋には、その品目が旅行日に機内または空港の免税店で購入されたことを示す証明書が付いていなければなりません。
空港管理会社、航空会社、運航会社は、危険性が増している便に対して追加の航空安全対策をとる権利を有しており、以下の品目を持ち込み手荷物とすることを禁止する場合があります:

  • ワインオープナー
  • 皮下注射針(必要性を示す医療証明書がある場合を除く)
  • 編み針
  • 刃渡り60mm未満のはさみ
  • 刃渡り60 mm未満の(固定装置のない)折りたたみ式旅行用ナイフおよびペンナイフ。

個人用の小型移動補助器具

リチウム電池を搭載した個人用の小型移動補助器具の受託手荷物または機内持ち込み手荷物としての輸送
個人用の小型移動補助器具に含まれるもの:

  • 自立安定一輪車
  • セグウェイ(ミニセグウェイ)
  • ホバーボード
  • バランススクーター
  • 電動スクーター

IATAの勧告に基づき、上記の品目は移動補助器具にリチウム電池が含まれていないことを条件にAeroflot PJSC便で受託手荷物として輸送できます。
移動補助器具から取り外されたリチウム電池は、電力が160W/hを超えない場合に限り機内持ち込み手荷物として輸送できます。
埋め込み(取り外しできない)型リチウム電池で駆動する小型機器は、空港の貨物ターミナルで「危険貨物」として処理された場合のみ輸送できます。

[*] Aeroflot便への武器の持ち込みに関する規則

  • Aeroflot PJSC便の予約およびチェックインを行う際、搭乗客は武器を手荷物として持ち込む意志を表明する必要があります。
  • 武器を持ち込む搭乗客は、チェックインのため出発時刻の1時間半前までに空港へ到着しなければなりません。
  • ロシア連邦内のフライトで武器を輸送する搭乗客は、武器を保有して持ち運ぶための許可書の携行が必要です。
  • ロシアへ(またはロシアから)武器を持ち込み、ロシア連邦領域を通過して武器を輸送する搭乗客は、内務省の公認機関が発行した武器輸出入許可証の携行が必要です。
  • 武器を携行してロシア国内を移動する乗り換え搭乗客は、シェレメーチエヴォ空港で再手続きを行う必要があります。
  • 「武器に関する」法律に従い、外国人は:
    • 狩猟許可証を有する法人組織からの招待状やその法人組織との狩猟契約書がある、またはスポーツ大会参加への招待状があり、それぞれ内務省からの許可を得ている場合は、狩猟用武器やスポーツ用武器をロシア連邦に持ち込むことが許可されています。
    • 個人の安全の確保、他の市民の人命と健康、財産の保護、物品の護送、ここに記載されていないその他の目的のため、種類、バージョン、モデルを問わず武器をロシア連邦に持ち込むことはできません。ただし、ロシア連邦の国際条約で別途規定されている場合を除きます。
  • 武器は、出発空港にて飛行中の一時的預かりのために引き渡さなければならず、これらは目的地空港で所有者に届けられます。
  • レプリカの武器(ピストル、リボルバー、ライフル、カービン銃、機関銃、電撃器など)を客室に持ち込んで輸送することはできません。
    レプリカの武器は受託手荷物にてのみ輸送することができます。
  • 武器は、充填されておらず、武器の安全性とセキュリティ要件を満たし、お客様が提供する梱包(カバー、ホルスター、特別容器、ケースなど)に収められている場合のみ運送を許されます。銃器と弾薬は、別々の容器に保管されなければなりません。
  • 輸送する弾薬の重量は搭乗客1人につき5kgを過えてはなりません。
  • ガス兵器用のカートリッジシェルは航空輸送できません。
  • 3ジュールを超える砲口エネルギーを有するエアガンは民間武器と分類されており(武器に関する法律の第3条)、その他の武器の輸送手続きに従って携行するものとします。砲口エネルギーが7.5ジュール、および口径が4.5mmを超えるエアガンの輸送には銃器ライセンスが必要です(武器に関する法律の第13条)。
  • ロシア製の電撃器および火花放電器は民間武器として分類されており(武器に関する法律の第3条)、その他の武器の輸送手続きに従って携行するものとします。電撃器を輸送する搭乗客は、技術仕様が記載されている書類を提供しなければなりません。内務省担当者はこの書類を使い、輸送する機器の出力パラメータがロシア連邦の国家基準で定められたパラメータに適合するかどうか確認します。ロシア連邦外で製造された電撃器の流通は禁止されています(武器に関する法律の第6条)。従ってそのカートリッジも禁止されています。

民間用や軍用の銃器・弾薬の運搬(流通)を一時的に禁止。

2018年にロシア連邦で開催されるFIFAワールドカップとFIFA 2017コンフェデレーションズカップにおける強化されたセキュリティ対策の特殊性について」(2017年5月22日に発表された224番号のロシア大統領令を顧慮して)(今後も:政令)という2017年5月9日に発表した202番号のロシア連邦大統領令に基づいて、FIFA2018ワールドカップのために設計されたインフラのオブジェクトのあるロシア連邦の領土制限内で2018年7月25日から5月25日にかけて民間用およびサービス用武器や弾薬の売買や輸送が禁止されています。

民間空港会社アエロフロートは、上記の政令に従うためにはヴォルゴグラード、エカテリンブルグ、カザン、カリーニングラード、モスクワ(モスクワ地方)、ニジニ・ノヴゴロド、ロストフ、サマラ、サンクトペテルブルク、サランスク、ソチという都市にある空港のはんいで民間用およびサービス用武器や弾薬の売買や輸送が禁止されることをお知らせします。

禁止事項は上記の都市に位置する空港を経由する移転乗客の武器を含みます。

政令違反の場合:

  •   ロシア連邦内の飛行機なら、武器や弾薬は法執行機関によって押収され保管されます。
  •   外国の空港から到着する飛行機やロシア連邦空港(武器輸送の禁止のある空港)を通じて別の外国空港へ行く飛行機なら、武器と弾薬が税関に押収され保管されます。

例外は次のとおりです。

民間用およびサービス用武器および弾薬の暴露、記録、保管および押収;全ロシアおよび国際スポーツ競技会の準備や開催という目的でロシア連邦への武器輸出、ロシア連邦からの武器輸入、その輸送、携行、手渡し、使用など;市民、財産、自然と天然資源、貴重な危険物、生命と健康を守ることを含む連邦法によって指定された特別な法的任務をもっている法人の従業員によって使用する民間用およびサービス用武器および弾薬の輸送、携行、手渡し及び使用などです。

情報通知

リチウム電池の航空輸送の可否は、充電式リチウムイオン/ポリマー電池の場合はその構造と電力(W/h)に、金属リチウムによる非充電式電池の場合はリチウム内容物にそれぞれ依存します。
ご自身、およびその他の搭乗客の安全のため、リチウム電池の持ち込みに関する要件に従い、詳細な手順をお読みください。
意図しない起動や損傷を避けるため、リチウム電池を搭載した電子機器は(スタンバイモードや低消費電力モードではなく)完全にスイッチを切り、保護ケースに入れてください。輸送中の揺れを防止する適切な方法は、丈夫なブリーフケースや布などの緩衝材を使用することです。

比出力100Whまでのリチウムイオン電池 [*]

(リチウムの含有量が2g(LC)までのリチウム金属電池)

比出力100Wh~160Whのリチウムイオン電池 [*]

(リチウムの含有量が2~8g(LC)のリチウム金属電池)

比出力が160Whを超えるリチウムイオン電池 [*]

個人用の小型移動補助器具

(リチウムイオン電池搭載)

例:

  • 携帯電話
  • ビデオカメラ
  • 腕時計
  • 携帯音楽プレーヤー
  • ラップトップ
  • 携帯型医療機器

機内持ち込み手荷物の場合

  • 機器内に含めることが許可されています
  • 予備電池は、ショートが発生しないよう個別に保護(小売包装の状態を保つ、端子の先をテープで覆う、各電池を別々のプラスチック袋か保護包装に入れて収納するなど)しておいてください

受託手荷物の場合

  • 機器の中に入れなければなりません
  • 誤って電源が入らないようにする措置が必要です
  • 予備の蓄電池(機器に挿入されていないもの)の輸送は禁止されています

例:

  • 寿命延長型ラップトップ
  • プロ用の音響および映像機器
  • 携帯型医療機器

機内持ち込み手荷物の場合

  • 航空会社の許可が必要です
  • 機器内に含めることが許可されています
  • 誤って電源が入らないようにする措置が必要です
  • 予備の電池は分けて保管する必要があります
  • ショートが発生しないよう保護(小売包装の状態を保つ、端子の先をテープで覆う、各電池を別々のプラスチック袋か保護包装に入れて収納するなど)しておいてください
  • リチウム金属電池の持ち込みは搭乗客1人あたり2個まで許可されています

受託手荷物の場合

  • 航空会社の許可が必要です
  • 機器の中に入れなければなりません
  • 誤って電源が入らないようにする措置が必要です
  • 予備の蓄電池(機器に挿入されていないもの)の輸送は禁止されています

例:

  • 一部の電気車両およびハイブリッド車両に含まれる産業機器
  • 移動補助器具およびモペット

受託手荷物としても機内持ち込み手荷物としても認められていません

  • 危険物の安全な運送に関する技術指導(Doc 9284 AN 905)に従い、「危険物」として提示および輸送されるもの

例外

健康状態、年齢、一時的な病態(骨折など)により移動が制限されている搭乗客が使用するリチウムイオン電池搭載の車椅子および同様の移動補助器具で、比出力が160Wh以上のもの

移動補助器具や車椅子の特別輸送の受け入れ条件:

1. 航空機の機長にリチウムイオン電池の場所を報告すること

2. 航空会社の許可を得ること

3. 移動補助器具の持ち込みは、手荷物、郵便物、飛行用品、その他の貨物移動による損傷を受けないように行われること

4. 以下の条件に該当する場合は受託手荷物として輸送が可能です:

  • ショートが発生しないよう電池の端子を保護(電池ケース内にスペーサーを設置するなど)している
  • 電池が移動補助器具内にしっかりと装着されている
  • 電気回路が絶縁されていなければなりません

5. 移動補助器具や車椅子の電池を使用者が取り外せる設計(折り畳み式など)の場合:

  • 電池を取り外す
  • ショートが発生しないよう、電池の端子を絶縁して保護(テープで覆うなど)する
  • 取り外した電池は損傷が発生しないよう保護する(保護包装に収納するなど)電池は客室内に持ち込んで輸送する必要があります
  • 電池の電力は300Whを超えてはなりません
  • 予備電池は電力が300Whを超えないものは1個まで、または電力が160Whを超えないものは2個まで

例:

  • 自立安定一輪車
  • セグウェイ(ミニセグウェイ)
  • ホバーボード
  • バランススクーター
  • 電動スクーター

IATAの勧告に基づき、上記の品目は移動補助器具にリチウム電池が含まれていないことを条件にAeroflot PJSC便で受託手荷物として輸送できます。

移動補助器具から取り外されたリチウム電池は、電力が160W/hを超えない場合に限り機内持ち込み手荷物として輸送できます。

埋め込み(取り外しできない)型リチウム電池で駆動する小型機器は、空港の貨物ターミナルで「危険貨物」として処理された場合のみ輸送できます。

[*] 1Wh(ワットアワー) = 1V(ボルト) × 1Ah(アンペアアワー)

アメリカ合衆国へご渡航されるお客様へ

2018年6月30日より、米国政府からの新たな要請により、以下の場合を除き、12オンス(350ml)以上の粉類の機内持ち込みが禁止されます。

  • 処方された粉薬、ベビーフードおよび人の遺骨は12オンス(350ml)以上でも機内持ち込みできます。但し、その場合は、容器が開封または改ざんされていないかどうか検査しなければなりません(包装材・保護カバー・シールの破損、亀裂、穴など)。容器は開封や改ざんの疑いがある場合、その内容物がラベルと一致しているかどうか確認するため、検査させていただきます。
  • 粉類の入った容器が免税店で購入され不正開封防止袋(STEB)に入れられた場合、保安検査場通過及び機内持ち込みが可能です。

粉類の入った容器は開封または改ざんの疑いがあり、それの実測重量が合理的な理由なくラベル記載重量と遥かに異なる場合または当該粉類が記載内容と一致しない異臭を放つ場合、機内及び保安検査場へ持ち込みできません。

受託手荷物として貨物室で輸送される粉類は、特に制限はありません。

米国政府の要請に基づき、粉類は、固体物の粉砕、解砕、破砕により生成された微細粒子(例えば、小麦粉、砂糖、コーヒー、香辛料、粉ミルク(ベビーフード)、化粧品)を意味します。 また、粉類の状態は、塊状、粒状、圧縮した状態があります。

電子喫煙機器の輸送に関する規則

品目または製品

場所

制限事項

 

受託手荷物

機内持ち込み手荷物

携帯する

運航会社の許可が必要

機長への報告が必要

 

電池を搭載した携帯型電子喫煙機器(電子タバコ、電子シガリロ、電子シガー、電子パイプ、パーソナル蒸気発生器、電子ニコチン供給システムなど)

いいえ

はい

はい

いいえ

いいえ

a) 個人使用を目的として搭乗客または乗務員が持ち込むこと

b) ショートが発生しないよう、予備電池は個別に保護(元の小売包装に入れたり端子を別の方法で絶縁するなど)しておくこと

c) 各電池のパラメータが以下を超えないこと:

  • リチウム金属電池のリチウム含有量 – 2g
  • リチウムイオン電池の比出力 – 100Wh

d) 機内でこのような機器を使用することは禁止されています

e) 機内でこのような機器や電池を充電することはできません

詳細はこちらをご確認ください:http://www.aeromash.ru/ru/about

Aeroflotコールセンター

+7 (495) 223-5555(モスクワからの通話)、
8-800-444-5555(ロシア国内のその他の地域からの通話)、
*555 ロシア国内からはMTS、Beeline、Megafon、Tele2もご利用いただけます。