warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

環境方針

スカイチーム:責任あるアライアンス

世界の航空業界における一流のアライアンスとして、SkyTeamはビジネス的視点だけではなく、社会的および環境的観点からも優れた業績を達成するよう努めています。そのため、SkyTeamの加盟航空会社は2008年に開催された国際航空運送協会(IATA)の年次総会で「企業の社会的責任(CSR)に関する声明」をまとめ、承認しました。本文書は、環境保護と持続可能な経済成長に関する主な業界標準について述べたものです。

SkyTeamの「企業の社会的責任(CSR)に関する声明」

アエロフロートPJSCの環境方針は、当社の最終プロダクトである旅客、荷物、郵便物および貨物の輸送のエネルギー及びエコ効率向上を目標とします。本方針は航空機の燃料効率を大幅に改善し、環境負荷を低減して主な運営コストを削減することに主な焦点を当てています。

誰もが認めるロシアの一流民間航空企業として、アエロフロートPJSCは社会および将来の世代に対する大きな責任を認識しており、その活動すべてにおいて環境的持続可能性を確保するよう努めています。これはアエロフロートの広範な社会的責任プログラムの不可欠な部分であり、当社の事業における基本方針です。

この環境方針の目標を達成するため、アエロフロートPJSCは次のコミットメントを採用しています:

  • 当社の施設および事業を最高の国際環境基準に確実に準拠させるための環境マネジメントシステムを維持すること。
  • 以下に示す資源効率の良い手法と技術を導入することで、エネルギー消費を減らすこと:
    • エネルギーを大量に消費する旧来の航空機をより燃費の良い航空機に更新することで、当社の航空機材をアップグレードすること。
    • 航空路線網を最適化し、航空機エンジンからの騒音や汚染物質の排出を抑える新たな操縦技術を導入すること。
    • 業務における熱やエネルギーの効率を高めることを目指し、継続的に取り組むこと。
  • 最も効率的な廃棄物管理方法としてリサイクルに重点を置き、環境負荷を最小限に抑えるために廃棄物を管理すること。
  • 新たに環境パフォーマンスを改善できる余地を特定するため、当社の業務と技術を監視および分析すること。
  • サプライヤーと請負業者を選択するための重要な基準の一つとして環境効率指標を使用すること。
  • アエロフロートPJSCの従業員の環境保護責任に対する認識を高め、すべての資源をより責任を持って使用するよう従業員に促し、リサイクル文化を醸成すること。

エネルギー効率のための行動計画を開発、導入することで、アエロフロートは年間150万トンのジェット燃料を節約し、2020年までにその消費率を43.6%削減できるようになります。

アエロフロートPJSCの経営陣は、当社の事業に適用される法的要件やその他の環境要件を遵守し、環境方針を実施し、環境管理マネジメントシステムを改善するためのリソースを提供することを約束します。

アエロフロートPJSCの環境マネジメントシステムは、2013年からISO 14001規格に準拠していることが認定されています。

詳細