warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業ニュース

01 9月 2017

Aeroflotがバレンシアとアリカンテに定期便を就航

2016年3月2日、モスクワ — Aeroflotは、2016年6月1日よりモスクワ — バレンシア — モスクワ、およびモスクワ — アリカンテ — モスクワの定期便を就航します。

フライトには快適でモダンなBoeing B737が採用され、以下のスケジュールで毎日運航されます:

- SU 2502便はモスクワ9:00発、バレンシア13:00着。復路のSU 2503便はバレンシア13:50発、モスクワ19:35着(すべて現地時間)。

- SU 2522便はモスクワ11:15発、アリカンテ15:10着。復路のSU 2523便はアリカンテ16:20発、モスクワ22:05着(すべて現地時間)。

バレンシア州とアリカンテ州はバレンシア自治区の一部で、地中海沿岸に位置しています。バレンシアは、広い砂浜、オレンジ畑、静かな漁村で有名です。アリカンテは漁業と海産物輸出の中心地です。

路線網の拡張とサービス品質の向上を継続的に行うことで、グローバルネットワークを提供する世界クラス航空会社を目指すAeroflotの戦略が推進されます。

詳細および航空券のご予約につきましては、www.aeroflot.com、Aeroflotセールスオフィス、またはコールセンター+7 (495) 223-55-55(モスクワ)、8-800-444-55-55(ロシア)までお問い合せください。

Aeroflotについて

Aeroflotはロシアの主要航空会社であり、欧州最大の航空会社に数えられています。2015年、Aeroflotは2,610万人の乗客(子会社を含めたAeroflotグループ全体では3,940万人)を輸送、ロシアの航空会社としては新記録となりました。SkyTeamグローバル・エアライン・アライアンスの誇りあるメンバーとして、Aeroflotとその提携航空会社は世界179カ国、1,057都市に就航しております。Aeroflotは世界でも最新型の旅客機を運航しており、エアバス、ボーイング、スホーイ各社製によるその数は169機に上ります。Aeroflotは航空安全分野のグローバルリーダーに数えられています。同社は、世界的に認められている安全評価基準である「外国航空機の欧州共同体安全評価査定」(SAFA)で世界基準の指数を獲得しました。国際航空運送協会(IATA)の国際安全運航監査プログラム(IOSA)に参加したロシア初の航空会社であり、2015年で6度目の更新となるAeroflotは、IATAの地上業務安全監査委員会(ISAGO)の監査に合格し、ISO 9001:2008、ISO 14001:2004に完全準拠しております。2015年にスカイトラックス社から4度目となる東欧最高の航空会社に選ばれたAeroflotは、『グローバル・トラベラー』誌の「機内食が充実した航空会社トップ10」に初めてランクインしました。詳しくはwww.aeroflot.comでどうぞ。