warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

お体の不自由な方

1600x350-013-инвалиды.png

См. также

Пустой местозаполнитель не отображается в "Активном" режиме

バリアフリーの世界へ!

航空会社は航空輸送を自由に使う可能を提供して、お客様のニーズに対応します。

特にお体の不自由な方に適応する様々な特別なサービスを申し出ます。

特別なサービスは、ご希望であれば予約の時の適当な時刻に登録された要請で利用可能です。

要請されたサービスはないまたは要請が航空会社で指定された期間より後でなされた場合、必要な援助を提供すること頑張ります。しかし、特別なサービスの提供を保証することができません。

ご出発までに航空会社の規則やその他の役立つ情報をご確認ください。詳しくはこちら

予約

「チケットの買い方」及び「フィードバック」ページ、営業所またはコンタクトセンターの電話で予約、チケットの買うまたはサービス要請をすることができる。 アエロフロートのコンタクトセンター:

モスクワ: +7 (495) 223-55-55

8-800-444-55-55 (他ロシアの都市)

ロシア *555 MTS、Beeline、MegaFon;

通話無料

弊社の営業所及び代理店にお体の不自由な方は優先的に接客します。

 

ロシア法に従って* 、航空券のご予約及び購入時、次のことをお申し付けください。

  • お体の不自由がある場合;
  • 盲導犬かつ同伴者の有無;
  • 車いすについての情報 (数量、サイズ、重さ、他の特徴、車いすのバッテリーまたは酸素濃縮器の技術的な仕様);

* ロシア連邦の航空法

* 2007 年 6 月 28 日付法規第 82 号連邦航空規制「航空機による旅客、手荷物および貨物輸送一般規則と搭乗者、荷主、荷受人サービスのための要件」

* お体の不自由な方の要件輸送に関する 2016 年 2 月 15 日付ロシア運輸省命令第 24 号

 

出発予定前の少なくとも 36 時間内に予備要請は次の場合には必須です:

  • 電動車椅子酸素濃縮器;
  • 視覚障害の盲導犬の輸送;
  • 酸素濃縮器酸素濃縮器.

出発予定前の少なくとも72 時間内に予備要請は次の場合には必須です:

  • 全体の飛行の間に医学的理由で気体酸素(空気)が満たされる酸素ボンベを必要とする重病の搭乗客の運送;
  • 重病の搭乗客の運送ためストレッチャーが必要です。

空港内に一人旅援助のサービスを予約に対する要求できます:

  • チェックイン 、手荷物検査 、搭乗、飛行機から降りる、荷物を引き取る時;

そのサービスは車いすを使用して、階段の上り下りできない搭乗客、長距離歩く困難がある搭乗客またはキャビンに移動が必要がある搭乗客ために提供されます。

サービスについて追加料金を請求されません。

同伴者は次の場合には必須です:

  • ストレッチャー上のお客さまの運送の場合;
  • 気体酸素(空気)が満たされる酸素ボンベまたは医療支援の使用が飛行中に必要な場合;
  • 視覚および聴覚障害があるお客さまの運送の場合;
  • 飛行中に独立して移動ができず車椅子を利用するお客さままたは飛行中に世話が必要なお客さまの搬送場合;
  • 12 歳未満の障害児の運送の場合.

知的障害のお客さま、セルフケアおよび独立した避難ができない人の場合、および、スタッフに提供された通信用手段または言語を通じて飛行安全保障上の必要な情報を伝達できないお客さまは成人同伴者とともに運送することが必要です。

荷物

無料手荷物許容量の他に、次のものを無料でお連れいただけます:

  • 車いすまたは、特別な車椅子等運送手段の(必要ならば);
  • 松葉杖、折りたたみ式歩行器、酸素ボトル、酸素濃縮器;
  • お客さまの障害者証明書および犬の訓練を証明する書類を提示する上で視覚障害の盲導犬の運送を行う必要があります。詳しくはこちら

車いすは荷物室で運送とする。松葉杖、折りたたみ式歩行器、酸素ボトル及び酸素濃縮器はキャビン内で運送とする。

車椅子の運送

電動車椅子の運送

電動車椅子は、サイズ超過手荷物デスクで搭乗前に荷物を預ける。

セキュリティ要件に従って、電動車椅子は、電池が外されている、電池端子が偶発性の短絡を防止するために絶縁されている条件に運送できます。

お客さまの同伴者またはお客さまの要望によりスタッフは電池端子を絶縁とする。

航空機による危険貨物の安全運送のための技術指示(Doc9284 N/905ICAO)に従って、スタッフが車椅子を荷物室で運送することに準備するのを助けることができるために、電動車椅子を使用しているお客さまは電池端子を絶縁するため装置およびバッテリーのための包装を持ちべきです*。

* お体の不自由な方の要件運送に関する 2016 年 2 月 15 日付ロシア運輸省命令第 24 号

バッテリーの種類がリチウムイオンバッテリーの場合は、1つのバッテリーの性能は300Wh以下のものであって、または2バッテリーの性能は各個に160Wh以下のものである場合、搬送できます。300Whを超えるものを荷物として搬送できません*。詳しくはこちら

* 航空機による危険貨物の安全輸送のための技術指示(Doc9284 N/905ICAO)

チェックインをする航空会社員または代理人は、バッテリーの技術的な仕様が予約の時に提供される情報と一致していることを確実とします。バッテリー種類は前に提供される情報に会わないならば、バッテリーは航空保安の専門家によって調べられます。

手動式車椅子

手動式車椅子は、サイズ超過手荷物デスクで搭乗前に荷物を預ける。

手動式車椅子を使用している搭乗客はチェックインカウンターで「Delivery at Aircraft」というサービスを要請できます。そのサービスのお陰で、搭乗まで自分の車椅子に乗っていて、後で車椅子を荷物室に移動して、到着後で直接航空機にそれを得る。

そのサービスを利用しますたいのであれば、チェックインでスタッフに知らせてください。その場合、車椅子はDAAマークを持っている(DAA – «Delivery at Aircraft»)。

サービスは、以下の空港で利用できません: ハンブルク(HAM)、ハノーバー(HAJ)、デュッセルドルフ(DUS)、ストックホルム(ARN)、テヘラン(THR).

ストレッチャー上の運送

唯一のエコノミークラスの機内でストレッチャー上のお客さまの運送のサービスが利用できます。ストレッチャー上のお客さまの運送のために、1年間有効の適用運賃と2フルエコノミークラス運賃の量で課金されます。お客さまの運送のためのストレッチャーは、航空会社によって無償で提供されています。

要請を確認する後、運送が行われます。介護を必要とする患者のお客さまの運送は、医療関係者を伴って、実施されます。

空港での事前と事後飛翔のお客さまサービスは、保健センター空港を介して行われます。出発と到着の空港で要件運送を確認してください。

酸素装置

酸素装置は、医学的な理由で、飛行中に酸素吸入を必要とするお客さまによって運送することができます。

航空機の機内で運送は5キロまで計量の酸素ボンベが運送することができます。運送の打ち合わせの際に、シリンダ番号、製造年月日や技術的な検査の最後の通過をお申し付けください。

携帯用酸素濃縮器は、飛行中のための十分なバッテリーの電力を持っている必要があります。

 

チェックインと搭乗手続き

空港の条件に応じて、チェックインのため、次のオプションを使用することができます。

好ましくは時刻表に示す出発時刻の前に2時間、事前に空港へ登録に到着することをお勧めします。

セルフチェックインの場合には、車椅子はサイズ超過手荷物デスクで搭乗前に荷物を預ける。

医療保健センターの空港を通して登録の場合は、空港のウェブサイトに到着時間や要件運送を確認してください。

チェックインの際に、お客さまのために、自分の希望に応じて、自由な席の及び安全要件を考慮して席が提供されいます。エコノミークラスのキャビンの1列の席、また足のために列の間の距離の増加とともに「スペース+」*の増加した快適さの席とは、空港でのチェックインの時に取得することができます。

*お体の不自由なお客さまのために、非常口の近くに位置する「スペース+」の席が提供されていません。

飛行中のお客さまのためのケアを提供する同伴者とは、お客さまと一緒に登録します。同伴者のために、お客さまの席に隣接して席を提供されます。

障害者やお体の不自由な人が、チェックインカウンターで番外に接客されます。

「シェレメチェボ」空港にお体の不自由なお客さまのために、特別なデスクが装備されています。

端末D

  • № 16(連邦線);
  • № 62(国際線)。

 

端末Fでは№158のデスク。

「シェレメチェボ」空港のウェブサイトに空港ターミナルスキーム、また空港の提供されるサービスを確認してください。

空港で付き添いサービスをご予約の際に注文した場合、空港に到着についてスタッフに警告するチェックインカウンターにお問い合わせください。

 

搭乗券に指定された搭乗の時間の前に、搭乗ゲートに到着してください。

航空機上

航空機の上にスチュワードは

  • 機内で席を占めることを支援します;
  • 助手席の構造と装置及びトイレの装備と場所について通知します;
  • 出発の前に、離陸の準備に手伝います;
  • 視覚聴覚障害があるお乗さまのために、避難の方法や救助施設に関する個別教導を行います;
  • 食事サービス中、食べ物やドリンクの品数について話して、必要があれば、パッケージを開けると手伝います。

当社の航空機の 助手席とは、車いすから助手席に不自由なお客さまの便利な移動を可能にするアームレストが装備されています。

長時間のフライト中(Б777とA330の航空機)、お体の不自由なお客さまのために、スチュワードは要求によるとトイレに移動するには特殊な車いすを提供します。 А320/321とБ737とRRJ-95Bの航空機に車いすを利用する可能性についてスチュワードに確認してください。

空港に到着する前に、スチュワードは車いすを要件取得及び搭乗の順序について通知し、自身の手荷物と手伝います。

航空会社のスタッフの職務は、次のサービスが含まれていません。

  • 衛生的な手順とパーソナルケア;
  • お客さまの持ち上げと移動;
  • お客さまを食べさせる及び薬を服用に関連したケア;
  • 薬物投与;
  • 医療の提供;
  • お客さまの盲導犬のケア。

目的地の空港に到着した後サービス

すぐにすべての乗客の後に障害者やお体の不自由な他の人と乗客を下車が行われます。しかも、お客さまに空港サービス会社のスタッフは空港が提供する車いすに乗り換えることを手伝います。

空港会社員とは、お客さまに手荷物受取及び手荷物と私物を転置で手伝います。

手荷物受取所で電動車椅子がもらうことができます。

チェックインの時に「Delivery at Aircraft」というサービスを注文した電動車椅子を使うお客さまに車椅子は航空機のキャビンからの出口の直後に交付されます。ハンブルク(HAM)、ハノーバー(HAJ)、デュッセルドルフ(DUS)、ストックホルム(ARN)、テヘラン(THR)の空港では、手荷物受取所で車椅子の交付が行われます。

自身の車椅子に乗り換えで手伝い、また作動位置に車椅子を整理するのを、空港会社員によって実行されます。

米国に始め/終わりの便で

サービスについて質問があれば、または苦情があれば、CRO(苦情の解決の職員)の苦情を検討する担当者にお問い合わせください。電子メールで:

CROUSA@aeroflot.ru (米国からの出発);

CROSVO@aeroflot.ru (ロシア連邦からの出発).

運送に拒否した場合の航空会社の権利

航空会社は、ロシア連邦の法律で定義された件に、航空会社によって確立された規則や連邦航空規則の違反の場合に、お客さまに運送に拒否することができます。

  • お客さまの健康状態は、運送の特別な条件を必要とするか、医療文書によって確認されたお客さまや他のお客さまの安全を脅かす、または他のお客さまのために、障害及び避けられない不便が生じた場合;
  • 車椅子の運送は予約と券発行の際に発注されていない場合;
  • 運送中に酸素ボンベを使用する酸素吸入を提供する必要とされる乗客の運送は所定期間に合意されていない場合;
  • ストレッチャー上の患者の運送は、「アエロフロート」株式会社によって確立された料率に応じて支払わない、または所定期間に合意されていない場合;
  • 盲導犬を伴ってに視覚のお体の不自由なお客さまに、お客さまの身体障害と/または盲導犬の特別なトレーニングを確認する書類を持っていない場合;
  • 盲導犬の 運送は所定期間に航空会社と合意されていない場合、また口輪、首輪、リードなしで盲導犬が運送されている場合;
  • 他の場合には、現在のロシア連邦航空の法律と「アエロフロート」株式会社の規制に従った。

お体の不自由なお客さまの運送について詳細の情報は、「アエロフロート」株式会社のお客さまと荷物の航空運送の規則に含まれています。