warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

お体の不自由な方

1600x350-013-инвалиды.png

См. также

Пустой местозаполнитель не отображается в "Активном" режиме

バリアフリーの世界へ!

 

航空券ご購入の前に、主治医にご相談ください

  • 医学的見地から、フライトに問題がないか
  • どのような準備をしておくべきか
  • フライト中の同伴者は必要か

航空券のご予約及び購入時、機内での特別なサービス及びお手伝いが必要場合、お申し付けください。お客さまの不自由に関する情報を必要としませんが、ご旅行を計画中で、当社の従業員により多くの情報を提供するほど、より多くの便宜になります。航空会社の従業員は、特殊瞬間及び手技について警告して、ご質問にお答えします。車いすについての情報 (サイズ、折り畳み式かどうか、電動式車いすのバッテリーの種類)、松葉杖ご利用の有無、または補助犬を引き連されるかどうかをお知らせください。

注意:電動式車いす(バッテリー)を使う、または車いすの重さは32キロを超る場合には、便出発36時間前まで事前承認をするべきです。

ストレッチャーを注文して、または医学的な理由によるフライト中に酸素(空気)ボトルの使用を必要とするお客さまの運送を承認するべき場合には、便出発72時間前まで事前承認をするべきです。そのお客さまは、医療スタッフを付き添って行われます。

知的障害のお客さまの運送は、お付き添いを必要とする確認された診断書の提示が必要になります。知的障害のお客さまの運送は、事前に航空会社の承認が必要になります。またご出発の直前にも再度ご確認頂く必要がございます。出発空港では、必ず医療スタッフ/空港または航空会社の従業員の付き添いとともに、空港の医務室でチェックインをお受け頂きます。知的障害のお客さまは、出発空港内では、チェックインから搭乗まで、到着空港内では、降機からお出迎えの方に会うまでお手伝い致します。

 

お体の不自由なお客さまは、無料受託手荷物許容量の他に、ストレッチャー及びご自身の車いす*、または特別な車椅子等輸送手段の1を無料でお連れいただけます。

お体の不自由なお客さまは、無料受託手荷物許容量の他に、機内にて松葉杖、杖、歩行補助具及び酸素ボトルを無料でお連れいただけます。

____________________________________________

*ストレッチャー及び車いすは荷室でお預かり致します。

お手伝いさせていただきます:

  • チェックイン手続
  • 機内への搭乗(優先搭乗)
  • 機内での着席中
  • フライト中到
  • 着空港にて
  • 乗り継ぎ中
  • 空港にて車いす引き渡し

I/IIグループのお体の不自由なお客さまは、航空会社かつその代理のオフィス及び出札窓口、または空港チェックインカウンターでは優先的に対応させて頂きます。

病気をなさっているお客さまは、診断書の提出をご提出下さい。

航空会社は、お体の不自由なお客さまの健康状態が、安全運航に妨害になる可能性がある、または他のお客さまに不便または不快にする可能性がある場合に、搭乗を拒否する権利を行使することができる。

エアロフロートPJSC輸送便に搭乗のお客様の手荷物に関する規則