warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

受託手荷物に関する規定

1600x350-2.jpg

お客様がお持ちのお荷物は、機内持ち込み手荷物を含め、チェックイン時に全てご提示下さい。航行中の安全確保のため、皆さまのご協力をお願い致します.

航空会社が責任を持ってお預かりする受託手荷物にはバゲージタグをお付けし、航空機の貨物室にて輸送いたします.

アエロフロートが運航する全ての便では、ピース・コンセプトが導入されています。ピース・コンセプトでお預かりできる無料受託手荷物の個数はご利用クラス、予約クラスにより異なります

無料受託手荷物許容量

ご利用クラス/運賃種別/[1]

受託手荷物許容量

(3辺の和の合計が158cmを超えないこと)

機内持込手荷物 

(3辺の和の合計が115cmを超えないこと)

ビジネスクラス(全ての運賃)        

2個(32kg以下)

1個(15kg以下)

コンフォートクラス(全ての運賃) 

2個(23kg以下)

1個(10kg以下)

エコノミークラス(運賃グループ FLEX)    

2個(23kg以下)

1個(10kg以下)

エコノミークラス(上記以外の運賃)    

1個(23kg以下)

1個(10kg以下)

[1] ご購入の運賃種別については、運賃ご利用条件 をご覧下さい

荷物の総重量(機内持込手荷物を含む)が10kg以下の場合、個数の制限はございません。

お乗継をともなう旅程の場合、最終目的地または24時間以上滞在(ストップオーバー)する都市まで、上記受託手荷物規則を適用します。

コードシェア便 をご利用の場合は実際に運航を担当する航空会社の規則が適用される場合があります。アエロフロートの他、別の航空会社を利用する場合(他社が運航するコードシェア便含む)、主要なルートを運航する航空会社の規定が適用されます(詳しくはコールセンターまでお問い合わせ下さい)

オーロラ航空、ロシア航空が運航するコードシェア便では、アエロフロートの受託手荷物規則が適用されます。

例外:オーロラ航空が運航するコードシェア便(SU3630-3639, SU4526-4545, SU4591-4629)の場合、無料受託手荷物の個数は全ての運賃クラスにおいて1個とさせていただきます。

ご旅程が別々の航空券で予約されている場合、各航空券に記載されている手荷物許容量が適用されます。

2歳以上12歳未満のお子様には、成人旅客と同じ無料受託手荷物許容量が適用されます。

2歳未満の幼児(座席を使用しない場合)の無料受託手荷物許容量は、ご利用クラスにかかわらず、重量10kg、3辺の和が115cm以内のお荷物1つと致します。

無料受託手荷物に関する特殊規定

ご利用クラス

路線

無料受託手荷物許容量

全てのエコノミークラス 

北京・上海・デリー発着便

ハノイ着の便[2]

イスタンブール/ベオグラード~ロシア連邦各都市間の便[3]

ニューヨーク/ワシントンとテルアビブを結ぶ便

船員または船員向け運賃

2個

ビジネスクラスおよびエコノミークラス (全ての運賃)

東京からモスクワ/サンクトペテルブルクまでの旅行

(他都市への乗継便が無い場合に限る)

エコノミークラスの場合、2個
ビジネスクラスの場合、3個

アエロフロート・ボーナス プラチナ・ゴールド・シルバー会員

スカイチーム エリート・エリートプラス会員

全路線

無料受託手荷物許容量に加えて:

プラス2個(アエロフロート・ボーナス プラチナ会員)

プラス1個(アエロフロート・ボーナス ゴールド/シルバー会員)

プラス1個(スカイチーム エリート・エリートプラス会員)

[2]2017年2月17日から2017年10月28日の間に購入し、かつ旅行期間が2017年3月2日から2017年10月28日までの航空券に適用。

[3]2017年3月2日から2017年10月28日の間に購入し、かつ旅行期間が2017年3月2日から2017年10月28日までの航空券に適用。

ご注意下さい!

詳しい情報については コールセンターまでお問い合わせください。