warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

機内行動規則

1600x350-44_правила_на-борту.png

См. также

Пустой местозаполнитель не отображается в "Активном" режиме

乗客の出発前・機内行動規則

アエロフロート・ロシア航空の経営戦略の基礎には、お客様のご期待とご要望にできるかぎりお答えするという原則がございます。 そのため、お客様へ提供するサービスの品質向上に常に努力しています。 多くのお客様からのご協力があるからこそ、私たちはこの目的を達成できるのです。

シェレメチェヴォ空港での保安は「株式会社AeroMASH - Aviation Security」が実施します。1998年設立のAeroMASH社は、ロシア国内で初めて、IATA/ICAO規格およびロシア航空法で定められた機内行動規則と規格に基づくセキュリティ管理を行った企業のうちのひとつです。

緊急事態発生時、救助隊および乗務員が的確かつ効果的に行動できるよう、乗客の皆さまには非常口の位置、救命胴衣と酸素マスクの使用方法を覚えていただきます。

非常口の場所や安全設備の仕様は機種によって異なります。 そのため、出発前に客室乗務員からの説明をよくお聴きいただき、緊急事態発生時の行動手順をよくご覧ください。

機中では常に、お休みまたはご着席時、座席シートベルトのご着用をおすすめします。 シートベルトを着用することで、上空で機体が急降下したり、乱気流が発生した場合でも、怪我から身を守ることができます。

しかし、安全な飛行とお客様の快適な空の旅を阻害する問題行動が起こる場合もございます。 こういった場合の、アエロフロートの経営者ポリシーは下記の通りです。

  • 乗客行動規則の各違反を調査します。
  • 乗務員と陸上係員に対し、乗客行動規則の違反を未然に防ぎ、もしくは制止する権利を与えています。
  • 違反者を起訴し、しかるべき制裁が課されるよう、警察に協力します。

アエロフロートの乗客行動規則に基づき、渡航安全の確保、サービス品質向上、機内および民間空港陸上施設での破壊行動等法律違反防止のため、

乗客は以下の権利を有します。

  • 航空券余白、eチケットサイトでの手続き時、または販売店の航空運航約款に規定されているすべてのサービス提供を要求することができます。
  • 乗客の生命、健康、個人の尊厳が危機にさらされる場合、航空会社スタッフに保護を求めることができます。

乗客は以下の義務を負います:

  • 機長の指示、および他の乗務員からの忠告に従うこと。
  • 規律と秩序を保つこと。
  • 電子機器は、飛行中に客室乗務員からの案内がありましたら、機内モード等の電波を発しない状態とするか、電源をお切りください。

以下の行為は禁止されています。

 以下の行為は禁止されています。
  • 飛行中の安全および乗客、乗務員の生命、健康、乗客の個人尊厳に対する侵害、侮辱、および危害をおよぼす言動や行動をとること。
  • 機内でアルコール飲料を飲むこと。(機内で提供されるもの以外)
  • 機内での喫煙。(電子タバコ含む)
  • 乗務員の指示がない時に非常設備を使用すること。
  • 他のお客様に不快感を与えたり、乗務員に対し迷惑行為を行うこと。
  • 航空会社の所有物を破壊したり、機内から持ち出すこと。

乗客が手荷物に銃器・爆発物・危険物を所持する旨のいたずら、虚偽の発言を行った場合、場合によっては、テロ事件や爆発行為に関する誤報とされ、ロシア連邦刑法第207条に定める犯罪となる可能性があります。 その際、20万ルーブル以下の罰金、または本条に定める刑罰を受けることになります。

上記に記載の要求に違反した場合、国際航空法や「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」(1963年東京条約)を批准した166か国(ロシア連邦も含む)の法律、およびアエロフロート・ロシア利用規約に基づき、下記の措置が適用される可能性があります。

適用される制裁措置:

  • アルコール中毒や、その他中毒症状を持つ乗客に対するアルコールの提供を中止します。
  • 機内免税品販売でご購入のアルコール類も含め、飛行中のアルコール飲料を一時的にお預かりします。(目的地到着後にお返しします)
  • 機長からの指示を守らない乗客に対し、必要な措置を講じる場合があります。
  • 違反者を最寄の空港にて降機させます。なお降機を行った場合、違反者に対し、当行動により発生した損害額を請求します。
  • 違反者を到着国警察機関に引渡します。
  • 航空会社の所有財産破壊に対する損害賠償を請求します。
  • 懲役刑(国によっては最長2年)
  • 2000~5000ルーブルの罰金(国によっては3000ドル以上の罰金)、または15日以内の行政拘留。
  • 乗客の航空会社利用権を剥奪します。すでに締結された渡航契約は破棄されるものとし、当該運賃の払い戻しはいたしかねます。
  • ロシア連邦、または他国が発行した査証は無効になります。
  • マスメディアや専用のウェブサイト上で、事件について公表します。
  • 航空機内において機長の合法的な指示に従わない乗客に対し、2000~5000ルーブルの行政罰金、または15日以内の行政拘留措置がとられます。(2009年12月21日付ロシア連邦法NO.336-FZ行政法違反に関するロシア連邦法第6部第11、第17条) 

重要!

お客様の安全を確保するため、非常口付近の座席にお掛けのお客様に対する制限があることにご注意ください。 非常事態発生時、非常口付近の座席にお掛けのお客様には、乗務員を補助する義務があります。 そのため、非常口付近の座席はオンラインチェックインの際、指定できません。また下記のお客様にご利用いただけません。

  • 12歳未満のお子様(同伴の方がいらっしゃる場合も含みます)
  • 妊婦の方、客室でペットをお連れの方
  • お体の不自由な方
  • 延長シートベルトをご利用の方
  • ロシア語や英語で会話ができない方

非常口付近の座席は、18歳未満の方にご利用いただくことができません。 上記に該当するお客様に対し、チェックインカウンター係員が誤って、非常口付近の座席を指定した搭乗券を発行した場合、乗務員が座席を変更させていただきます。

詳しくは、以下をご参照ください。

http://www.aeromash.ru/en/main

「乗客の出発前・機内行動規則」(PDFファイル、299 Kb)