warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

手荷物検査

1600x350-предполетный досмотр (2).png

シェレメチェヴォ国際空港での保安検査は、1998年設立の閉鎖型株式会社AEROMASHーAVIATION SECURITYが実施いたします。AeroMASH社はロシア国内で初めて、IATA/ICAOやロシア航空法により定められた規則・規格に基づくセキュリティチェックを開始した企業です

ロシア連邦運輸省が定めた荷物検査規則2007年7月25日付のNo.104添付書類に基づき、航行安全上、受託手荷物へのお預けと機内持ち込みが禁止されている危険物は以下のとおりです:

  • 磁気性の強い物質 磁気性の強い物質
  • 爆発物と武器 爆発物と武器
  • 有毒物質 有毒物質
  • 引火性物質 引火性物質
  • 発火性物質 発火性物質
  • 放射性物質 放射性物質
  • 高圧および液化ガス 高圧および液化ガス
  • 酸化性物質と有機過酸化物 酸化性物質と有機過酸化物
  • 有毒物質 有毒物質
  • 腐食性物質 腐食性物質
  • などの、お客様や乗務員に対する攻撃に利用され得る危険物質、道具、荷物、もしくは飛行安全上危険な物品。

 

ナルモビリティのための小さな車両

チウム電池を原動力とする個人用小型車両の取り扱い(受託手荷物および機内持込手荷物)

ナルモビリティのための小さな車両ナルモビリティのための小さな車両

個人用小型車両は下記を含みます

  •  ソロホイール
  •  セグウェイ(ミニ・セグウェイ)
  •  ホバーボード,
  •  ジャイルスクーター
  •  二輪電動スクーター

IATAガイドラインに基づき、アエロフロートが運航する全ての路線における上記小型車両の受託手荷物としての輸送は、リチウム電池が搭載されていないものに限り、可能となります。

上記小型車両から外されたリチウム電池の機内持込手荷物としての輸送は、ワット時定格量が160Wh以下の電池に限り可能となります。

チウム電池が外せない小型車両の輸送は、航空会社が定める手順に従って「危険物」として空港の貨物ターミナルを通じて行うことができます。

情報メッセージのプロジェクト

リチウム電池の航空輸送の可能性は形状と消費電力(ワット時)(リチウムイオン/ポリマー充電式電池の場合)又はリチウムの含有量(リチウム金属の非充電式電池の場合)に依存します。あなたの安全性と他の乗客の安全のために要件を考慮してリチウム電池の輸送に関する詳細な指示をお読みください。

リチウム電池内蔵型の電子デバイスは、完全に電源を切り(待機状態やセーブモード状態が不可)、起動及び損傷を防ぐために保護対策をとらなければなりません。保護対策としては、デバイスの移動を防ぐ固いスーツケースや洋服などの緩衝材が挙げられます。

100の未満ワット時[*]の比電力のリチウムイオン電池.

(リチウム金属電池 (2グラムのリチウム含有量) (LC))

100-160ワット時[*]の比電力のリチウムイオン電池.

(リチウム金属電池 (2-8グラムのリチウム含有量)  (LC))

160以上ワット時[*]の比電力のリチウムイオン電池.

リチウムイオン電池によって作動するパーソナルモビリティのための小さな車両

:

 - 携帯電話;

 - ビデオカメラ;

 - 時計;

 - 携帯音楽プレーヤー;

 - ノートパソコン;

- 携帯医療機器.

手荷物の中に

 - リチウムイオン電池は機器内部の許可;

 - 短絡を防止するために予備の電池が個別に保護されなければなりません(例えば、小売包装またはラッピングテープでオープン極に巻たり別々のビニール袋や保護パッケージに各電池を配置することによって)。

登録した荷物の中

 -リチウムイオン電池は機器の内部に必要があります。

- 対策はこれらの自発的な作動を防止するために取られるべきです。

- 予備電池(機器に入れない)の輸送は禁止されています。

:

 - 増加したリソースを持つノートパソコン;

 - プロオーディオおよびビデオ機器;

 - 携帯医療機器.

手荷物の中に

- 航空会社の承認が必要である コールセンターにお問い合わせいただくか、または空港で航空会社の係員にお問い合わせください

- リチウムイオン電池は機器内部の許可;

- 対策はこれらの自発的な作動を防止するために取られるべきです。;

- 短絡を防止するために予備の電池が個別に保護されなければなりません(例えば、小売包装またはラッピングテープでオープン極に巻たり別々のビニール袋や保護パッケージに各電池を配置することによって)。

- 1人の乗客には2以下の予備のリチウム金属電池を許可されていません。

登録した荷物の中に

- 航空会社の承認が必要である。

- リチウムイオン電池は機器の内部に必要があります。

 - 対策はこれらの自発的な作動を防止するために取られるべきです。

 - 予備電池(機器に入れない)の輸送は禁止されています。

:

- いくつかの電気自動車やハイブリッド車に含まれる産業装置;

- モバイルデバイスとモペッド.
 

荷物と手荷物の中にリチウムイオン電池の輸送は禁止されています.

- リチウムイオン電池は危険物の安全な空気輸送のために技術的な説明書に従って「危険物」として提出や輸送の対象である (Doc 9284 AN\905).
 

除外

特別健康状態・年齢・骨折など一時的な事情により歩行が不自由なお客様が、ワット時定格量が160Wh以上のリチウムイオン電池を使用した電動車椅子またはそれに相当する個人用小型車両をご利用の場合

個人用小型車両及び車椅子の輸送に関する条件は以下の通りです。

1. 航空機長に対し、リチウムイオン電池の位置について通知しなければなりません。

2. 航空会社から許可を得なければなりません。

3. 上記の車両は荷物、郵便物や他の貨物の移動によって損傷されないように、適切な輸送対策を取らなければなりません。

4. 上記の車両は下記の条件で受託手荷物として輸送できます。

- 電池の端子は短絡を避けるために保護対策をとること(電池ボックスの中に隔離する);

- 電池は確実に車両の中に定置すること;

- 回路は絶縁すること。

5.個人用小型車両/車椅子の設計上で、電池が外せる場合(例えば、折りたたみ式の車椅子など)場合。

- 電池を外さなければなりません。

- 電池の端子は短絡を避けるために保護対策を取らなければなりません(テープで被覆する)。

- 取り外した電池は損傷を避けるために保護しなければなりません(梱包する)。

電池は機内持ち込み手荷物として輸送しなければなりません。

- 電池の容量は300Whを超えてはなりません。

- 300Wh以下の予備電池が1個又は160Wh以下の予備電池が2個機内持ち込みできます。

:

  •  ソロホイール
  •  セグウェイ(ミニ・セグウェイ)
  •  ホバーボード,
  •  ジャイルスクーター
  •  二輪電動スクーター

IATAガイドラインに基づき、アエロフロートが運航する全ての路線における上記小型車両の受託手荷物としての輸送は、リチウム電池が搭載されていないものに限り、可能となります。

上記小型車両から外されたリチウム電池の機内持込手荷物としての輸送は、ワット時定格量が160Wh以下の電池に限り可能となります。

チウム電池が外せない小型車両の輸送は、航空会社が定める手順に従って「危険物」として空港の貨物ターミナルを通じて行うことができます。

[*]1 ワット時 = 1 ボルト · 1 アンペア時

アエロフロート航空が運航する便における水銀を含んだ機器の運送規定

製品

お預け場所

 

 

制限

 

受託手荷物

機内持込手荷物

身につける手荷物

航空会社の許可

機長への通知

 

水銀を含んだ医療用または診療用小型体温計

不可

不可

不要

不要

a) 乗客1人1本に限る;

b) 個人使用のために持ち込むものに限る;

c) 保護ケースに入れてあるものに限る

水銀気圧計・水銀温度計

不可

必要

必要

a) 乗客1人1本に限る;

b) 気象庁またはそれに相当する機関の職員が持ち込むものに限る;

c) 機長への通知を要する;

d) 貨物室から水銀漏れを防止する適切な緩衝材または頑丈な密封材/耐刺突材の袋を含む頑丈な外装容器に入れてあるものに限る

㈱アエロフロートの運航便における電子スモーキングデバイスの輸送に関する

荷物の種類

輸送方法

 

 

制限

 

受託手荷物

機内持込手荷物

身につける手荷物

航空会社の許可

機長への通知

 

携帯型・電池内蔵型の電子スモーキングデバイス(電子タバコ、電子葉巻(細いタイプ)、電子葉巻、電子パイプ、個人用ベイプ、電子ニコチン供給システム)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不可

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a) 旅客または乗務員が個人使用のために持ち込むものに限る;

b) 予備電池は短絡を避けるために保護対策をとること(端子の絶縁を行う、または電池ボックスの中に隔離する);

c) 各電池の仕様は以下未満であること:

  • リチウム金属電池の場合、リチウムの含有量が2g未満であること;
  • リチウムイオン電池の場合、ワット時定格量が100Wh未満であること;

d) 上記のデバイスの機内での使用は禁止されている;

e) 上記のデバイス及び/または電池の機内での充電は禁止されている.

 

 

 

詳細につきましては、以下をご確認ください。 http://www.aeromash.ru/ru/about