warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

出入国審査、ビザ、税関

1600x350-28-визовый-и-паспортный-контроль.png

シェレメチェボ空港を出発するフライトの出入国審査はロシア連邦保安庁の国境警備局により行われます。

ロシア連邦法「ロシア連邦からの出国およびロシア連邦への入国手順について」第二条に従い、航空会社は到着国への入国に必要な書類が有効であることを確認する責任があります。Aeroflotのフライトをご利用の場合、お客様がお持ちの書類は、チェックイン時または搭乗時に航空会社またはその代理人により確認されます。

必要な書類に関する正式な情報は、お客様が渡航する国の領事館でご確認下さい。旅客はパスポート、税関、衛生、検疫およびその他の手続きに関する要件を遵守しなければなりません。これらの規定を遵守しない場合、Aeroflotは一方的に航空運送契約を破棄する場合があります(ロシア連邦航空法第107条1.1項)。

ご注意下さい

  • 出発前に、パスポートに署名があることを確認してください。多くの国で、署名されていないパスポートは出入国規定違反とみなされます。
  • シェンゲン領域のマルチビザをお持ちの場合、そのビザを発行した国に最初に入国しなければなりません。その後、シェンゲン領域全域に入国できます。シングルビザをお持ちの場合、そのビザを発行した国にのみ入国できます。マルチビザをお持ちの方への注意事項:180日の間にビザに記載されたシェンゲン領域滞在許可期間(通常90日間)を超えた場合、入国が拒否される場合があります。
  • 18才以下のお子様が帯同(ACCOMPANIED)ビザで英国に出発する場合、ビザに記載された名前およびパスポート番号の人物を同伴する必要があります。別の人物が同伴する場合、ビザは無効と見なされます。

シェレメチェボ空港ターミナルD国際VIPラウンジよりご出発のお客様

2015年7月1日より、ロシア国境警備局は国際空港のVIPラウンジにおける出入国審査を実施しておりません。VIPラウンジをご利用のお客様は、通常の出入国審査口を通過する必要があります。

ロシア連邦へご旅行のお客様

多くの国の国籍者はロシア入国に際しビザの取得が必要です。該当する国のパスポートを所持する旅客がロシアに渡航する場合、ビザ、一時在住許可証または永住許可証が必要となります。南米、旧CISおよびその他、一部の国の国籍者にはビザ取得が免除されています。多くの国の公用パスポート所持者も免除対象となります。ロシアに渡航する際のビザ要件に関する詳細な情報は、ロシア大使館またはロシア外務省のウェブサイトでご確認下さい:www.mid.ru

ご注意下さい

ロシアビザの取得が必要なすべてのお客様には以下の条件が適用されます:

  • シェレメチェヴォを経由してミンスク(ベラルーシ)へ渡航するお客様は、ロシアのトランジットビザを取得する必要があります。モスクワ - ミンスク - モスクワの往復をご利用の場合、ダブルトランジットビザが必要となります。
  • モスクワからシンフェロポリへのフライトはロシア国内線です。ロシアビザの取得が必要です。
  • ロシアビザを所持していない場合、ロシア連邦内で2回乗継することは禁じられています。
  • 無効なパスポートに貼付されたビザは有効期間内であっても無効と見なされます。

ロシア連邦への入国に際しては有効なパスポートが必要です。

パスポートまたはそれに準ずる身分証明書はロシア連邦到着時に有効でなければなりません。

ロシア連邦電子ビザ(ウラジオストク自由港の訪問)

2017年8月1日から、一部国籍の外国人はロシア連邦外務省の公式ウェブサイトhttp://evisa.kdmid.ruから取得できる電子ビザを利用し、ウラジオストク自由港内にある国境検問所からロシア連邦に入国することができるようになりました。
運輸会社に提示する電子ビザが有効であること、また内容が正確であることを確認するには、ロシア連邦外務省のウェブサイトをご利用下さい:http://evisacheck.kdmid.ru または http://evisa.kdmid.ru
詳細な情報については、ロシア連邦航空局のウェブサイトをご覧ください:http://favt.ru

補足

ロシア国籍者:

  • 二重国籍者がロシア連邦への出入国を行う場合、同じパスポートで出入国手続を行います。
  • 失効したパスポートを使用してロシア連邦を出国することは禁じられています。

ラトビア非国籍者用身分証明書またはエストニア外国人用パスポート所持者とその未成年の子供:

2017年4月5日よりラトビア非国籍者用身分証明書またはエストニア共和国外国人用パスポートをお持ちの方は、ロシア連邦への入国に際しビザの取得が不要となりました。該当する人物の未成年の子供がラトビア非国籍者用身分証明書またはエストニア共和国外国人用パスポートを所持している場合、ビザなしでロシアへの入国が可能です。

ベラルーシへご旅行のお客様

2017年5月15日より、ベラルーシ共和国発着のすべてのフライトは国際線ターミナルを使用します。出入国審査場にはロシア連邦国籍者およびベラルーシ共和国国籍者専用の審査口がございます。両国籍者はベラルーシ共和国からの到着および出発が確認できる身分証明書および搭乗券を提示する必要があります。

ロシアビザの取得が必要な国の国籍者がシェレメチェボ空港を経由してミンスク発着便を利用する場合、ロシア連邦への入国を許可するロシアビザまたはそれに準ずる書類が必要となります。

シェレメチェヴォを経由してミンスク(ベラルーシ)へ渡航するお客様は、ロシアのトランジットビザを取得する必要があります。モスクワ - ミンスク - モスクワの往復をご利用の場合、ダブルトランジットビザが必要となります。

ビザなしトランジット (TWOV)

24時間以内の乗継便の航空券をお持ちの場合、ビザなしトランジットが可能です。

  • ビザなしトランジットはベラルーシ発着便を利用するお客様にはご利用頂けません。
  • ビザなしトランジットはクリミア半島の空港発着便をご利用のお客様には適用されません。入国審査および税関審査の対象となります。

ロシアの同一都市内であっても到着空港と出発空港が異なる場合、またはシェレメチェボ空港ターミナルB、CからD、E、Fへの移動が必要な場合、ロシアのトランジットビザが必要となります。

警告:

  • 復路航空券/乗継便航空券をお持ちでない場合、ロシア入国を拒否される場合があります。ただしアゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、ロシア連邦、タジキスタン、ウクライナ、ウズベキスタン国籍者は対象外となります。
  • 有効なビザをお持ちの場合は対象外となります。

ヨーロッパ諸国へご旅行のお客様

2013年7月19日以降、ヨーロッパ諸国への入国規則が改正されました。これに伴い、シェンゲン域外国の国民はシェンゲン領域国への入国時に、残存期間がシェンゲン領域国からの出発予定日より3ヶ月以上のパスポートを所持している必要があります。

ドイツ移民局の定める要件

1. ドイツに旅行する旅客は本人の署名のある有効なパスポートを所持する必要があります。

2. ドイツビザを必要とする国籍者は、ドイツ大使館により発行されたシングルビザを所持している必要があります。他のシェンゲン領域国が発行したシングルビザは自動的に却下される訳ではありませんが、ドイツ連邦による入国審査で、渡航の目的地が発行国ではなくドイツであることが判明した場合、入国を拒否される場合があります。ドイツへの渡航を目的とする場合、ビザはドイツ大使館に申請しなければなりません。すべての事案は個々に審査されますのでご注意下さい。マルチビザの場合、最初に入国するのはビザ発行国でなければなりません。その後、マルチビザ所有者はシェンゲン領域のすべての国に入国することができます。

旅客が上記要件を満たさない場合、航空会社は搭乗を拒否する権利を有します。

上記規定は入国時に適用されるもので、ロシア- ドイツ - ロシアの航空券と、ドイツ以外の国の領事館で発行されたビザを所有しており、かつドイツ国内を通過することを確認できる書類を所持しない旅客に適用されます。ドイツの入国審査を通過しその他のヨーロッパ諸国に移動するお客様に対しては、この規定は適用されません。

査証欄の余白が無い(ビザやスタンプを押せるページが無い)パスポートにシェンゲンビザが貼付されている場合、有効な新規パスポートをお持ち頂ければ、ブルガリアおよびラトビアに入国する事が可能です。余白の無いパスポートの有効期限が経過している場合、旧パスポートに貼付されたビザは無効とみなされます。

ギリシャ国内から出発するAeroflotのフライトでは、お客様の手荷物を保護するため、1リットルを超える量の油は適切に梱包されていなければなりません。ハードタイプのコンテナ(ダンボール不可)をご利用下さい。

キプロス共和国に入国する場合、ロシア連邦およびウクライナ国民は、有効なパスポートと、一次入国が許可されるシングルビザまたはプロビザ(大使館ウェブサイトから取得可能)を提示する必要があります。

Cタイプのダブルまたはマルチエントリータイプのシェンゲンビザを所有する、ロシアならびにウクライナ以外の国籍者は、キプロス共和国に入国し、キプロスビザを取得することなく滞在する事が出来ますが、所有するビザにより許可された期間を超過した滞在は認められません。

オランダ王国の法律に従い(2000年施行外国人法第4条第2項)、アムステルダム行きの旅客のパスポート写真撮影やビデオ撮影が許可されています。

英国へご旅行のお客様

2014年12月1日から、英国領域を経由するトランジットに関する規則が改正されました。

  • ロシア連邦を始めとする、英国ビザの取得が義務付けられる国籍者がアイルランド、チャンネル諸島、マン島(共通旅行領域)に渡航する場合、出入国審査を受け英国に入国する必要があります。この場合、英国トランジットビザが必要となります。
  • 全旅客を対象に、別の空港への移動や入国を伴わない乗り継ぎでは、同日の23:59までにトランジットを完了する必要があります。空港間移動を伴わない乗り継ぎでは、ロシア国籍者のビザ取得は不要です。
  • ロシア連邦を始めとする、英国ビザ取得が必要な国籍者が英国トランジットビザを所有している場合、翌日の23:59までに限り、英国への入国を伴う乗継が可能です。ただし以下の書類を持つ旅客は対象外となります:
    • オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国の有効なビザ(利用旅程の一部でなくても可)
    • オーストラリア、ニュージーランド、カナダの有効な居住権(2002年6月28日以降発行のもの)
    • 1998年4月21日以降に発行された米国永住者カード
      - 有効な永住者カードI-551(ADIT スタンプは受け付けられません)
      - 有効期限が切れた永住者カード(I-551)ならびにその延長を許可する請願書許可通知(I-797)
      - 移民ビザ(155A/155B) 封筒は未開封であること
    • 欧州経済領域またはスイスの永住許可証
    • 欧州経済領域またはスイスで発行されたビザ(カテゴリーD)
    • アイルランドの生体認証ビザ(共通旅行領域外への乗り継ぎを許可するBCまたはBIVSタイプ)
    • シェンゲンADSビザ(ビザ発行国へ渡航する場合に限る)
    • 30日以内にADSビザで到着したことを証明できる場合、シェンゲン領域から出るフライトの航空券

18才以下のお子様が帯同(ACCOMPANIED)ビザで英国に出発する場合、ビザに記載された名前およびパスポート番号の人物を同伴する必要があります。別の人物を同伴している場合、ビザは無効と見なされます

トルコへご旅行のお客様

2015年1月1日から、トルコへ渡航する際のパスポート残存期間に関する要件が変更されました。

  • ビザなしで60日間トルコを訪問する権利があるロシア国籍者のパスポート残存期間は、トルコ共和国への到着日から120日以上でなければなりません。
  • ビザなしで30日間トルコを訪問する権利があるベラルーシ国籍者のパスポート残存期間は、トルコ共和国への到着日から90日以上でなければなりません。
  • 全ての国籍者(トルコ、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、スペイン、フランス、スイスを除く)のパスポート残存期間は、ビザなしで滞在できる期間またはビザの失効日より60日以上でなければなりません。
  • トルコ、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、スペイン、フランス、スイス国籍者は有効期限が切れたパスポートで入国できます。
  • トルコ永住許可を有する方はトルコ入国時に有効なパスポートを提示する必要があります。

米国に出入国または経由するお客様

米国運輸保安庁(TSA)の定めにより、米国法に準拠して旅客リストを処理するため、旅客氏名、生年月日、性別に関する情報を提出する必要があります。また該当する方はRedress Numberをご提供下さい。

氏名、生年月日、性別に関する情報を提供しないと、搭乗拒否または航空機の搭乗ゾーンへお進み頂けない可能性がございます。TSAは独自の判断により、提供された情報を他の米国当局機関と共有する権利を有します。詳細につきましてはTSAウェブサイトwww.tsa.govをご参照ください。

ビザ免除プログラム対象国籍者が観光または商用で米国へ渡航する場合、最長90日までビザ無しで米国滞在が可能です。該当するお客様は渡米前に電子渡航認証システム(ESTA)に登録してください。ESTAの規定により、該当する国籍者は米国国土安全保障省のウェブサイトで電子渡航許可を申請する必要があります:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

ビザ免除プログラム対象国籍者がESTAシステムを介した米国入国許可を取得していない場合、米国行きの航空機へは搭乗できません。

受託手荷物として銃を預ける場合、手荷物にラベルを印刷して貼り付けることは禁じられています。チェックイン担当者にお尋ね頂き、適切な税関申告手続を実施して下さい。

アラブ首長国連邦へご旅行のお客様

アラブ首長国連邦の電子ビザは出発前にウェブサイトから取得できます:www.ednrd.ae

事前に電子ビザを印刷し、ご提示ください。

日本へご旅行のお客様

テロ防止を目的に、日本の法務省は2007年11月に出入国管理および難民認定法を改正しました。

当法律の施行を受け、日本に入国するすべての外国人は到着空港での入国審査時、指紋採取と写真(顔全体)撮影に同意する必要があります。

また短時間の口頭審査が求められる場合もあります。上記の手順に同意しない外国人は日本への入国を拒否されます。

入国要件は16才以下の子供、日本永住者、永住権取得手続き中の方、公務で訪問する他国の外交官、政府代表者には適用されません。

インドへご旅行のお客様

インド政府電気通信省(DoT)の規制に基づき、DoTの許可が無い限り、衛生電話「Inmarsat Satphone」の持ちこみと使用は禁じられています(BGANシステムは除く)。

電気通信省の適切な許可証を所持していない旅客が受託手荷物または機内持ち込み手荷物として持参する衛星電話は、許可証が提示されるまで没収されます。

インドに貨物を発送する場合、貨物の詳細を申告書に記入し、最初の入国時に税関当局に提出しなければなりません。

韓国へご旅行のお客様

不法労働を目的として韓国に入国を試みる事案が頻発し、入国を拒否される外国人が増加していることを受け、ロシア国籍者が観光目的で韓国へ渡航する場合、以下の書類を持参する事が推奨されています:

  • 復路航空券
  • ホテル予約バウチャー
  • 滞在期間中の資金
  • 旅程表
  • 招聘元の連絡先

税関規則

通関手続きに要する時間を短縮するため、以下の書類を印刷し準備する事が推奨されています:

事前に記入した旅客税関申請書

旅客税関申請書の記入方法 (PDF、111 Kb)

詳細につきましては以下のサイトをご参照下さい。

連邦税関局

あわせて以下のサイトもご参照下さい。

保安検査について

AeroMASH - Aviation Security