warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

二酸化炭素排出量計算方法

この計算機はエアロフロートにご搭乗のお客様一人一人の旅程に伴って排出される二酸化炭素の量を査定するよう設計されています。 ご搭乗のお客様一人一人のCO2排出量を査定することを目的に、各フライトに関する以下のデータが使用されています:

  • キャビンクラス毎に分けられた座席合計数(即ち、エコノミー、コンフォート、ビジネスなど)
  • 搭乗客実数、搭載された貨物および郵便物の量
  • 飛行距離に基づく総燃料消費量

搭乗客一人当たりのCO2排出量の査定には以下の計算式が用いられています:

Emissions formula

T_tot — 航空機の総重量を移動させるために消費される燃料

P_(pax/tot) — 航空機の総重量に対する搭乗客の重量の比率

N_seat — 航空機の合計座席数(クラス別ではない)

K_(pax/seat) — 特定のルートにおける統計的座席占有率

ビジネスクラスをご利用のお客様のCO2排出量査定では、基準となる排出量が通常の2倍となっています。その他のクラスと比較して、このクラスにはより多くのサービス設備および手荷物持ち込み量が提供されているためです。