warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

なぜスカイチーム?

スカイチームアライアンスは、利益性を改善しながら、路線網を維持・拡大する効率的な方法です。スカイチームの加盟航空会社は、お客様に対し、数多くの便、行先、サービス、特典をご提供できます。

スカイチーム

グローバリズムが進む世の中で、会社の営業活動の効率性は、旅客と貨物の航空輸送市場においてどのようなサービスを提供できるかということに直接関連しています。それをきっかけに、2000年、アエロメヒコ、エールフランス、デルタ航空、大韓航空がスカイチームアライアンスを結成しました。アライアンスとは、複数の航空会社が互いに経済的なメリットを享受するために、緩やかな協力体制を構築する契約です。スカイチームアライアンスには次の20社の航空会社が加盟していますАeroflot, Aerolineas-Argentinas, Aeromexico, Air Europa, Air France, Alkoalia, China Airlines, China Eastern, China Southern, Czech Airlines, Delta Air Lines, Garuda Indonesia, Kenya Airways, KLM Korean Air, Middle East Airlines, Saudia, Compagnia aerea TAROM, Vietnam Airlines, XIAMEN AIR.

ヨーロッパ、アメリカ、アジア各地域の加盟航空会社はコードシェア運航を行っています。世界の航空市場で地位を強化し、複雑な経済状況の場合でも、アライアンスの力を借りて、アライアンスのメンバーとして路線から撤退しないことを目的としています。

スカイチームのメリットは、アライアンスのメンバーの巨大なハブ空港(モスクワにおけるアエロフロートのシェレメチェヴォ空港、パリにおけるエールフランスとKLM航空のシャルル・ド・ゴール空港、アムステルダムにおけるスキポール空港、デルタ航空の拠点であるアトランタ空港(世界最大)、ソウルにおける大韓航空の仁川空港、そして南米の主要な空港である、アエロメヒコ航空のメキシコシティ空港)を介した、世界における幅広い路線ネットワークです。

基本データ(2016年夏)

  • 年間搭乗者数:66.54億乗客
  • 日の便数:17 343便
  • 就航都市:1062、乗り入れ国:177
  • ラウンジ数:672