warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

企業戦略

環境方針

 

㈱アエロフロート航空が行う環境に対する取り組みは、当会社の最終プロダクトである旅客・荷物・郵便物・貨物輸送のエネルギー及びエコ効率向上を目標とします。この取り組みの主な方向性は、航空会社の保有機材の省エネルギー化です。それを実現することによって、環境負荷が低減されコストが削減されます。ロシアの民間航空業界におけるリーダーである㈱アエロフロート航空は、社会や次世代に対する責任を意識し、企業活動全体のエコバランスの確保に取り組んでいます。この取り組みは、会社の活動理念の一つである、「社会的責任のプログラム」の欠かせないものです。 

㈱アエロフロート航空が行う環境に対する取り組みは、当会社の最終プロダクトである旅客・荷物・郵便物・貨物輸送のエネルギー及びエコ効率向上を目標とします。この取り組みの主な方向性は、航空会社の保有機材の省エネルギー化です。それを実現することによって、環境負荷が低減されコストが削減されます。ロシアの民間航空業界におけるリーダーである㈱アエロフロート航空は、社会や次世代に対する責任を意識し、企業活動全体のエコバランスの確保に取り組んでいます。この取り組みは、会社の活動理念の一つである、「社会的責任のプログラム」の欠かせないものです。

環境保全活動において、㈱アエロフロートは下記の取り組みを行っています:

  • 環境マネジメントシステムの任意導入により、アエロフロートの設備と業務基準を環境保全分野における最も高い国際基準に適合させる。
  • エネルギー消費量の多い航空機を燃費の良い機種と交換し、保有機材の更新に努める。
  • 省資源プロセスや技術を導入することによって、各種オペレーションにおけるエネルギー量を削減する。
  • 運航ネットワークの最適化と、新しい操縦技術の導入による騒音抑制、航空機の排出大気汚染物質を削減する。
  • リサイクルを最も効果の高い処分方法とみなしながら環境負荷低減を目的とする廃棄物処分を管理する。
  • 会社の業務管理や、環境負荷低減を目的とする業務・技術プロセスのモニタリングや分析を行う。
  • 仕入先や請負先を選定する際、環境効率指標を重要な基準とする
  • 環境保護に関するアエロフロートの従業員の意識を高め、省資源化・リサイクル化に対する意識付けと教育を行う。

上記の省エネプログラムにより、アエロフロートは年間150万トンにのぼる燃料消費節減と2020年まで43.6%削減を目指しています。

㈱アエロフロートの経営層は、当社の環境指標に適用される法的要求の遵守、環境戦略の実施及び環境マネジメントシステム改善にかかる財源確保に対し責任を持って行います。2013年に、アエロフロートは無事に監査を受け、国際規格ISO 14001:2004「環境マネジメントシステム」認証を取得しました。

スカイチームの「企業の社会的責任(CSR)に関する声明

 アエロフロートの環境方針について

社会政策

アエロフロートは、慈善団体や社会的に意義のある活動への援助を行うなど、積極的に社会活動を行っています。

  • 毎年の対独戦勝記念日に向けて、アエロフロートは「RevisitingBattlefieldsProgram」(戦友たととの再会)という恒例キャンペーンを行っており、当時の大戦に参加した方々が戦友たちに再会できるように、ロシアの各都市やヨーロッパ行きの無料航空券をご提供します。このキャンペーンの対象者である第二次世界大戦のベテラン、強制収容所の囚人、レニングラード包囲の生存者にキャンペーンに知っていただくために、ロシア全国で広報キャンペーンが展開されます。

  • アエロフロートは、難病と闘っている子供たちを海外病院へ搬送するお手伝いをさせていただいております。

  • アエロフロートは、慈善団体「PodariZhizn (Grant a Life、命を贈ろう)」とともに、難病に苦しむ子供たちのためのプロジェクトに取り組んでいます。アエロフロート・ボーナス会員の方は、積算マイルの一部を使用して「PodariZhizn」へ寄付をすることが可能です。皆様から寄付としていただいたマイルは、重い病を抱え、治療のために、ロシアの各都市から海外やモスクワへ行かなくてはならない子供たちの航空券購入に使われます。

  • アエロフロートでは以前から、スポーツ代表団に対し包括的な支援を行っています。アエロフロートはサッカーロシア代表と公式パートナー・指定航空会社の契約を、ロシアバレーボール連名及びゴルフロシア代表とスポンサー契約を締結しています。さらに、アエロフロートは、CSKAサッカーチームの指定航空会社と公式スポンサーであり、CSKAバスケットボールチームの指定航空会社です。2013年、アエロフロートは、世界で最も有名なサッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」と公式パートナー契約を締結しました。

  • アエロフロートは、世界の至る所で起こる武力紛争や自然災害により緊急事態に遭遇したロシア国民に対して、支援活動を行います。アエロフロートの航空機とロシア非常事態省の航空機は共に、被災地からのお客様の移送を幾度となく行っています。

  • アエロフロートでは、文化・教育・保健・スポーツ・マスコミ・ビジネス業界を代表する人や、公共団体・専門団体の代表が参加する公共審議会が設けられております。この審議会は、社会の要求を最大限に考慮しながら、アエロフロートの戦略作りに対し支援を行います。

  • アエロフロートは、親がいないお子様向けの社会プロジェクトの一環である慈善事業「希望の列車(Train of Hope)」の支援を行っています。

  • アエロフロートは、ロシア国内外において2万0千人の従業員を抱え、雇用者・納税者としてロシアの航空事業において重要な役割を果たしています。

  • アエロフロートは、2017年12月1日まで有効な団体労働協約に基づき福利厚生を含む高い給料を支払うなど、自社の従業員に対し社会的責任を果たしています。

心に2つの翼がある

創立90周年を迎えた「アエロフロート」は、ユニークな慈善プログラム「心に2つの翼がある」を開始しました。このプログラムは、アエロフロートの他、ロシア医学アカデミー附属の連邦国営機関「子供健康科学センター」、㈱ナショナル・メディア・グループにより支援されています。このプログラムは、モスクワから離れている地域に住んでおり、珍しい難病と闘っており、高度専門医師による緊急支援を必要とする子供達を対象とします。ロシア医学アカデミー附属の連邦国営機関「子供健康科学センター」から、免疫系・筋骨格系・消化管の珍しい疾患を抱えている子供達のリストが提供され、アエロフロートはこの子供達にモスクワ医療機関で治療を受けてもらうために、モスクワ行の無料航空券を提供しました。

「心に2つの翼がある」というキャンペーンはロシア全国に拡大しています。アエロフロートは、ロシアの子供達の包括的支援事業に関する政府のイニシアティブに応え、ロシアで最優秀な小児科医がロシアの離れた地域(カリニングラード州から極東地域まで)を訪問する活動を支援しています。連邦国営機関「子供健康科学センター」の医師たちは、現地で最初の診察を行うことによって、病気を早期段階で診断できます。

キャンペーンのメディアサポートを行っている「ナショナル・メディア・グループ」は、連邦国営機関「子供健康科学センター」の医師たちの離れた地域への訪問の取材に対し独占権を有しており、更に、「心に2つの翼がある」のプログラム下で治療のためモスクワに来た子供達の取材も行います。

「心に2つの翼がある」の全国慈善プログラムで発生した子供達(及び同伴者)と医師たちの運送に関わる費用は、アエロフロートが全額負担します。

今回の「心に2つの翼がある」のキャンペーンがアエロフロートの創立90周年に向けて開始されましたが、アエロフロートは将来的にもこのような社会プログラムに取り組み、治療病院を訪れる子供達と同伴者に無料航空券を提供していきます。

緊急医療支援を必要とする子供達のリストは、キャンペーンのパートナーであるロシア医学アカデミー附属の連邦国営機関「子供健康科学センター」により提供されます。

慈善キャンペーン「心に2つの翼がある」: 医師団による訪問

ロシア医学アカデミー附属の連邦国営機関「子供健康科学センター」の診断科・リハビリ科の責任者、マイヤ・バクラドゥゼ氏が次のように語っています:「アエロフロート社が行っているキャンペーンはとてもユニークなキャンペーンです。上記の3回の訪問の結果から、このような現地訪問が離れた地域にとって必要であることが明らかになりました。診察中に再検査や積極的治療が必要と診断された子供達は、今後、当センターで治療を受ける予定です。来年、我々は訪問地域の拡大を検討していきます」。

たった一ヶ月だけで医師団の活動は西から東にわたりロシア全国に拡大されました。この活動は、保健省の地域局によりサポートされ、各地域の医療協会の代表者から注目を浴びました。

アエロフロートは、医師団の運送費を負担するのは勿論のこと、モスクワの医療機関で治療を勧められた子供達(及び同伴者)に対しモスクワ往復の航空券も無料で提供します。

2014年に、ブリヤート共和国、極東地域、東シベリア、その他ロシアの地域で住んでいる子供達は、回復に向かって大きな一歩を踏み出すことができました。子供健康科学センターの医師団は、ウラン・ウデ、アルハンゲリスク、セヴェロドヴィンスク、マガダン、ハバロフスク、シンフェロポリ、バルナウルを訪問しました。

ロシア各地域に住んでいる700人以上は、胃腸科専門医、泌尿器科医、腎臓専門医、心臓科専門医、神経科医、外科医による診察を受けることができました。緊急治療が必要な子供達は、ロシア最大級の小児科専門センターである「子供健康科学センター」で治療を続けています。子供達と同伴者のモスクワ往復航空券は、アエロフロートが無料で提供しました。

更に、地域訪問時に、モスクワ医療センターの代表社は、各地域の医療機関で働いている方々のために、会議・セミナーを行いました。