warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

1960年~1969年

1968年

12月31日、A.N.ツポレフ設計局によって設計された、超音速旅客機ツポレフТu-144が初飛行に成功しました。

1967年

4月、航空機ツポレフТu-144の乗組員(H.N.ツホブレボフ機長)が、モスクワ-東京-モスクワ間の定期便旅客機初便の運航を成功させました。

9月15日、S.V.イリューシン設計局によって設計された、民間航空の旗手であるIL-62が、長距離区間モスクワ-モントリオール間の飛行に成功しました。

1966年

2月3日、初の国際航空貨物線であるモスクワ-リガ-パリ線が開設されました。

10月21日、A.S.ヤコブレフの設計による航空機Yk-40が初飛行に成功しました。

1965年

9月30日、ソ連最高会議幹部会の指令により、「ソ連功労パイロット」および「ソ連功労航空士」の称号が設定されました。

12月31日、ソ連最大のモスクワエアターミナルが開港しました。

1964年

7月27日、ソ連邦最高会議幹部会令により、閣僚会議付属の民間航空局を基礎として民間航空省が創設されました。

1962年

2月2日、航空機IL-18とAn-12の2機が、モスクワ-南極大陸-モスクワ間の歴史的飛行に成功しました。機長であるA.C.ポリャコフ(IL-18)とB.S.オシポフ(An-12)は社会主義労働英雄の称号を授与されました。

10月31日、O.K.アントノフ設計による、ターボプロペラエンジンを搭載した航空機An-24が中距離間路線での運航を開始しました。 

1960年

6月1日、国際空港「シェレメチェヴォ」が開港しました。

6月29日、リガ民間航空機技術大学が開校しました。