warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

1950年~1959年

1959年

1月、経済相互援助会議運輸部門に航空運輸部門常任委員会が設置されました。

4月、IL-18の国内線運用が開始されました。

5月、モスクワ-ハバロフスク間において、乗客を乗せた航空機Tu-114の初飛行が行われました。

6月22日、A.K.アントノフ設計による、ターボプロペラエンジンを搭載した航空機Аn-10の運航準備に着手しました。

1957年

7月14日、S.V.イリューシン設計による航空機、IL-18の初飛行が成功しました。

11月15日、A.N.ツポレフの設計による、ターボプロペラエンジンを搭載した旅客機、Tu-114のテスト飛行が開始されました。

1956年

民間航空における、ジェットエンジン技術の時代が始まりました。

9月15日、モスクワ-イルクーツク間定期便において、A.N.ツポレフ設計による航空機Tu-104の運用を開始しました。

10月12日、旅客機Tu-104が、初めての国際航空路であるモスクワ-プラハ間における飛行に成功しました。

1955年

7月23日、レニングラードに高等航空学校が開校しました。

1954年

5月、民間航空局がソ連閣僚会議の管轄下に入りました。

8月、民間航空研究所が国立民間航空研究大学に再編されました。

S.V.イリューシンの設計による輸送機IL-14が運航を開始しました。