warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

1940年~1949年

1948年

3月、アエロフロートは、O.K.アントノフの設計による多目的航空機AN-2の開発に着手しました。

1947

6月1日、S.B.イリューシンの設計による航空機IL-12が乗客を乗せた初飛行に成功しました。

12月、ウリヤノフスクに民間航空機パイロット養成学校が開校しました。

1945年

5月9日、第二次世界大戦ドイツ戦で勝利を収めました。戦時中、民間航空要員は祖国の勝利に大きく貢献しました。6つの戦線に向けてアエロフロートの精鋭部隊が編成されましたが、うち10人が勲章を、12人が栄誉賞を授与されました。総じて12000人以上の民間航空パイロットに対しメダルや勲章が授与されました。

1944年

10月14日、国防委員会はドイツ軍の侵略から解放された領地にある民間航空機の整備所や製造所の修復、空港の再建に関する政令を承認しました。

1943年

1月30日、クラスノヤルスク-ウエルカル間が開設されました。この路線は戦時中、ソ連とアメリカを結ぶ定期便として大きな役割を果たしました。

1942年

11月、民間航空局特別グループを基礎に、前線の空軍編成に加わる民間航空飛行連隊が特別に設置されました。

1941年

1月、地方民間航空局に、赤色空軍パイロット養成のためのトレーニング飛行隊が設立されました。

6月、民間航空局は軍治委員部の管轄下に置かれました。

ソ連海軍部隊への航空支援のため、6つの民間航空局特別グループ(北部地域、バルト海沿岸地域、ベラルーシ地域、キエフ地域、南西地域、モスクワ地域)と3つの飛行隊(北部地域、バルト海沿岸地域、黒海地域)が設立されました。

9月20日、国家防衛委員会は民間航空局に対し、敵により方位されたレニングラードへ、食品、武器、弾薬などを毎日供給するよう委任しました。この責任ある任務の遂行は、モスクワの民間航空局特別グループに特別委任されました。

1940年

10月29日、民間航空管理局の指令により、バルト海沿岸地域に民間航空地方局が設立されました。