warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

会社沿革

労働・防衛評議会が「民間航空評議会の組織」と「航空局への航空路線の管理委任」についての決議を採択した192329がロシア民間航空の始まりとされています。

1920年代、第一次世界大戦終結後、ヨーロッパ各国における航空事業は、乗客や郵便、貨物の運搬など、平和目的で利用されていくようになりました。ロシアも近隣諸国のこの流れに決して遅れず、他の国々との輸送手段の発展に対し尽力しました。当初、海外への民間飛行を行ったのは、基本的に戦闘機を改良した航空機でした。

1922年5月1日、モスクワ-ケーニヒスベルク(当時はドイツ領)に初の国際便を就航させました。その後、この路線はベルリンまで延伸されました。

1923年7月15日、モスクワ-ニージニーノブゴロド間に初の国内線定期便を就航させました。

1930年代、国の航空機開発事業は大きく発展し、設計局や科学研究所などを含む、巨大な生産機関となっていました。А.N.ツポレフ、S.V.イリューシン、O.K.アントーノフらの設計による航空機は世界の航空機開発において一時代を築き、パイロットたちは最新鋭の航空機を手に入れたのでした。

1932年2月25日、民間航空管理局が創設され、その公式略称としてアエロフロート(Aeroflot)が採用されました。

大戦前の30年代、アエロフロートの国際線は国の経済を支える重要な役割を担っていました。

第二次世界大戦中、アエロフロートのパイロットたちは、非常に高い航空技術と勇気をもって祖国を守りました。彼らは前線、敵の後方、国境と国の領土へ、非常に重要な飛行を果たしました。この過酷な期間にも、国際航空路線の定期便運航を中断することはありませんでした。

戦後、国際航空便は勢いよく再開、更新、拡張されました。新しく、より完全性を備えた、S.イリュ-シン設計の航空機IL12型機とIL14型機が登場しました。

1956年、アエロフロートは国内線・国際線において世界で初めて、А.N.ツポレフ設計によるジェット機TU104型機を導入しました。これは世界的にも意義のある、大きな事件として評価されました。

1957年、ターボプロペラエンジンを搭載した、IL18型機の初飛行が実現しました。

1959年8月、国際線運航にとって重要な役割を持つシェレメチェボ空港がモスクワにオープンしました。

1950年代の終わりには、燃費効率の高いターボプロペラエンジンが特徴的な、当時世界最大の航空機TU114型機が試験飛行を無事終了し、アエロフロートの定期便で運用を開始しました。その後、TU114型機にかわる長距離航空機IL62型機が登場しました。

1971年1月、国際航空運輸管理局をベースに、「アエロフロート・ソビエト航空」の名の下、国際路線の運航を行う唯一の機関となったアエロフロート国際航空輸送中央管理局が設立されました。

1978年、現在も世界中に貨物を輸送している貨物機IL76型機が、初の海外飛行を行いました。

1980年、アエロフロートは第22回モスクワオリンピックの公式エアラインとなりました。スポーツマンや世界中からのゲストを受け入れるため、あらゆるタイプの航空機31機を同時に受け入れることのできる新しい国際空港ターミナル、シェレメチェボ空港第二ターミナルが建設され、同年5月6日に正式にオープンしました。

1991年、ソビエト連邦崩壊後、ロシア国内および旧ソ連邦の各共和国に民営航空会社が作られました。当社は「アエロフロート」という名称と、旧ソ連の運航していた国際線を引き継ぎました。同年6月、生産・商業組織として「アエロフロート・ソビエト航空」が誕生し、その後1992年7月28日に株式会社「アエロフロート・ロシア国際航空」に生まれ変わりました。

この頃から国外技術を導入し始め、初の外国製航空機として、エアバス社のА310-300型機を導入しました。その2年後、厳しい環境基準と騒音基準に対応したボーイング767-300ERを導入しました。

1994年、新たなロシア製航空機IL96-300型機を導入しました。同機は長距離路線向けに開発されたロシアの第三世代航空機で、ICAOの騒音基準を100%クリアする機体です。1995年の終わりには、アエロフロートは貨物機DС-10-30Fを長距離路線向けに導入しました。