warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

環境問題に対する取り組み

スカイチーム: 責任ある航空連合

グローバルアライアンスであるスカイチームは、利益の観点だけでなく、環境と社会に対する企業の責任という観点からもアライアンスの評価向上に積極的に取り組んでいます。その取り組みの一環として、2008年6月に開催された、国際航空運送協会(IATA)の総会において、スカイチームの加盟航空会社は、「企業の社会的責任(CSR)に関する声明」をまとめ、署名しました。この声明には、航空業界における環境保全、経済成長の確保の新しい基準が定められています。

スカイチームの「企業の社会的責任(CSR)に関する声明」

アエロフロートは、社会に対する責任を意識し、環境保全への活動に積極的に取り組み、持続可能な開発論に従い活動を行っています。

アエロフロート航空の環境方針は、.当会社の最終プロダクトである旅客・荷物・郵便物・貨物輸送のエネルギー及びエコ効率向上を目標とします。

アエロフロートでは、環境マネジメントシステム(EMS)が導入・認定されています。

燃料効率管理は、アエロフロートが重要視する活動の一つです。アエロフロートは、最高水準の航空安全を確保し国内及び国際基準に適合しコスト効率の良い活動を目指し、マネジメント戦略・システム・方法の開発・改善に取り組んでいます。

アエロフロート航空では、ロシア連邦および欧州連邦温室効果ガス排出量モニタリング・報告・検証制度の基準に適合するCO2排出量のモニタリング・管理制度が導入されています。

CO2排出量のモニタリングと管理は、アエロフロート航空ではEU ETS(欧州連合域内排出量取引制度)およびロシア連邦温室効果ガス排出量モニタリング・報告・検証制度が定めた方法に基づき、全路線を対象に実施されています。

アエロフロートは、燃料消費改善プログラム及び省エネ・エコ効率向上プログラムにおいて、2020年まで二酸化炭素の排出量削減に積極的に取り組んでいます。

カーボン・オフセット・プログラムへの取り組みの一環として、アエロフロートはオンラインCO2排出量計算機を導入しました。この計算機は、最善の航空慣行および国際民間航空機関(ICAO)並びに国際航空運送協会(IATA)の方針に沿って開発されました。

現在アエロフロート航空の正式ホームページに掲載されたオンライン二酸化炭素排出量計算機は、路線の種類を考慮した上でお客様一人当たりの温室効果ガス排出量を査定することを目的としています。

将来的には、アエロフロートが実施するこのイニシアティブは、当社をご利用のお客様に対し、温室効果ガスの排出を削減する環境保護プロジェクト(植林活動、キクイムシ駆除、再生可能クリーンエネルギー、水域浄化など)への寄付を通して、フライト中に排出されるCO2を相殺できるオプションを提供する予定です。

環境への悪影響を最小限に抑制するために、アエロフロート航空は、再生活動(リサイクル)を最も効果の高い廃棄物処理方法とみなしながら、廃棄物管理システムの更なる改善に取り組んでいます。

大気圏保護

過去100年で環境問題が各種の汚染物排気により深刻になりました。科学者の計算では、たった100年だけで、大気圏へ100万トン以上のケイ素・150万トン以上のヒ素・100万トン以上のコバルトが排気されました。

水資源保護

地球上では莫大な量の水が存在しています。しかし、それの殆どが海水です。人間の日常生活に欠かせない淡水の量は、わずかであり限られています。地球の多くのところでは、灌漑農業が淡水不足に悩まされており、産業と生活上でも水不足の問題が深刻化しています。科学調査によると最近、水に対する需要が10倍増えました。

廃棄物の処理

急速な技術的進歩と世界エネルギーポテンシャルの発展は増加しつつある環境負荷へ繋がります。産業・家庭廃棄物の絶え間無い増加、廃棄物処理に対する社会の無責任で、疫学的危険が発生します。その理由として、特に、リトスフェアが対応できない、廃棄物に含まれる非生分解性のものの増加、毒物の含有量の増加が挙げられます。