warning!現在の使用:Internet Explorer. 一部の機能が正常に動作しない場合があります。以下の使用を推奨します: 別のブラウザ.

会社概要

 

会社概要

  • アエロフロートは、ロシアの民間航空におけるリーディングカンパニーであり、事実上ロシアを代表する航空会社です。
  • 2009年4月10日にヴィタリー・サヴェリエフが最高経営責任者に就任しました。
  • 1923年3月17日に創立されたアエロフロートは、世界で最も歴史のある航空会社のひとつであり、最も有名なロシアのブランドの一つでもあります。
  • アエロフロートは、1989年、ロシアの航空会社として初めて国際航空運送協会(IATA)に加盟しました。

 

  • アエロフロートは、シェレメチェヴォ空港を拠点としています。
  • 2015冬季スケジュールは、世界52カ国・120都市(ロシア国内41都市)での運航となっています。
  • アエロフロートは、サンクトペテルブルク、カリーニングラード、ペルミ、ウラジオストクの4つの都市では、支店を設けています。
  • アエロフロートは、ロシア国内市場、特にシベリアと極東地域での発展を重要視しています。
  • 2014年にアエロフロートをご利用した旅客数は、2360万(前年比13%)増となり、アエロフロートグループの合計旅客数は3470万人(10.7%増)となりました。㈱アエロフロートの輸送人キロは671億人キロ(11.4%増)となりました。座席利用率は78.2%です。
  • アエロフロートは、常に保有機材の増加と改善に取り組んでおり、2009年にシェレメチェヴォ空港に新しいDターミナルをオープンしました。このターミナルはアエロフロート航空及びスカイチーム加盟航空会社が利用しています。
  • アエロフロートは、東ヨーロッパ最大の航空交通管理センターを運営しています。
  • アエロフロートは、航空要員のトレーニングセンターを設置し、年間160名のパイロット(80名の乗務員)の養成を予定しています。/li>
  • 同センターでは、120種にのぼる航空関連職種のプロを養成する予定です。
  • アエロフロートは非常事態への対応を支援するシチュエーションルームを設置しています。

保有機材

  • アエロフロートの保有機材は、100機以上を保有する航空会社の中で、保有機械が最も使用年数が短いです。
  • アエロフロートは、現在190 機の航空機 を所有しており、保有機材は主にA320、A330、B737、B777、スホーイ・スパージェット100で構成されています。
  • 2008年末からアエロフロートは長距離航路にエアバスA330を配備しており、2011年にはボーイング社と、16機のB777-300ER購入契約を締結しました。2013年より同型機の導入開始により、長距離路線の拡大、新たな旅客サービスの導入が可能となりました。
  • アエロフロートは、中距離航空機である50機のB737-800/В737-900のリース契約を締結し、2013年に一機目を受領しました。
  • また2011年6月から、アエロフロートは、30機のSSJ-100発注契約に基づき、ロシア製の新世代航空機Sukhoi SuperJet-100を導入しています。現在アエロフロートが保有しているSukhoi SuperJet機は全てアップグレードした「フル」(FULL)バージョンです。上記の30機の発注契約の他に、アエロフロートはスホーイ社2015年に20機の発注契約を締結しました。

保有機材。

アライアンスとパートナー

2006年、アエロフロートは世界で2番目の規模を持つ航空アライアンス「スカイチーム」に加盟しました。また2011年には「スカイチーム・カーゴ」に加盟いたしました。スカイチームは世界177か国1052都市へのフライトを運航しており、広範なネットワークを提供しています。

アエロフロートは28社とコードシェア契約 を締結しています。アエロフロートグループはロシア内で最も成長の速い大規模な航空ホールディングであり、㈱ドンアヴィア航空、㈱ロシア航空、㈱オレンブルグ航空(OPENAIR)、㈱オーロラ航空(極東地域を拠点とする航空会社であり2013年11月より運航開始)、

LCC「ポベーダ」(2014年12月1日より運航開始)といった 子会社を含んでいます。

商品とサービス

アエロフロートは、お客様へのサービスの品質と経済効率を高めるため、新しい情報技術導入を進めています。現在、アエロフロートは次のインターネットサービスの進展に取り組んでいます:WEB予約、購入、セルフチェックインサービス ,  機内での携帯電話・インターネットサービス

この取り組みは、「活動の全段階へ最新技術を導入そること、及びお客様へのサービス品質において航空会社のトップに入ること」といったアエロフロートの戦略の一環です。

安全管理

  •  アエロフロートは安全管理において高い国際基準を満たしています。アエロフロートはロシア航空会社の中で初めて国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全監査プログラムIOSA認定を受け、IOSA認定航空会社として登録されました。2013年にアエロフロートは5回目の更新を受けています。
  • 2009年にはアエロフロートは、地上サービス安全監査委員会ISAGO(IATA Safety Audit for Ground Operations)の監査にも合格しました。アエロフロートの品質マネジメントシステムは、ISO 9001:2008そしてISO 14001:2004の認証を受けています。

シェレメチェヴォ空港の新ターミナルD  

アエロフロートは2009年11月にシェレメチェヴォ空港で新しいターミナルDをオープンしました。このターミナルは年間旅客数が1200万人にのぼっており、チェクインカウンター143ヶ所(24機の自動チェックイン機(CUSS)とトランジット・超過手荷物カウンター30ヶ所を含む)が設置されています。

アエロフロート航空及びスカイチーム加盟航空会社は、国内線ゾーンと国際線ゾーンに「クラシック」「ジャズ」、 「ブルーズ」といった快適なラウンジを運営しております。ターミナルDは、アエロフロートとグローバルアライアンス「スカイチーム」の加盟航空会社が利用する、ロシア初の国際ハブ空港としての位置を確立しています。

 アエロフロートは、シェレメチェヴォ空港で、ロシア初のハブコントロールセンターを開設しました。このセンターを通して、空港における全ての技術プロセスが企画・管理総合センターからコントロールされます。ハブコントロールセンターは、航空会社に対しITサービスを提供する世界有数のプロバイダーであるLufthansaSystems社 のNetLine/Hubプログラムを基に機能しています。ハブコントロールセンターを使うことによってアエロフロートは、航空機のプロセスを効率よく管理でき、シェレメチェヴォ空港における乗り継ぎのお客様と手荷物の乗り換えを確保できます。

投資関係

  • アエロフロートのオーナーはロシア政府であり、51%の株式を保有しています。残りの49%は社員を含む個人・法人の株主が所有しています。
  • 1993年にアエロフロートは公開型株式会社として登録されました。㈱アエロフロート・ロシア航空(ティッカー:AFLT)はMICEX証券取引所に上場しています。
  • 2014年9月末までのアエロフロートグループの売上高は、国際財務報告基準(IFRS)に基づき、2366億9800万ルーブル(66億8900万ドル)となり、前年比6.5%増加を示しました。純損益は-35億6300万ルーブル(-1億100万ドル)となりました。一方、ファイナンスリースの再評価による為替差損及び貸倒引当金などを考慮した修正後純利益は129億700万ルーブル(3億6500万ドル)となりました。営業利益は136億6200万ルーブル(3億8600万ドル)でした。
  • 中間財務指標

環境方針

アエロフロートでは、最新な環境保全技術と基準を含む環境マネジメントシステムと産業環境管理システムが導入されています。また、IATAの環境保全戦略に適合する省エネルギー・環境効率向上プログラムが導入されました。2013年に、アエロフロートは無事に監査を受け、国際規格ISO 14001:2004「環境マネジメントシステム」認証を取得しました。

2008年に、国際航空運送協会(IATA)の総会において、スカイチームの加盟航空会社は、「企業の社会的責任(CSR)に関する声明」をまとめ、署名しました。この声明には、航空業界における環境保全、経済成長の確保に関する新しい基準が定められています。

労働安全

2013年12月28日付けで連邦法第426-ФЗ及び第421-ФЗ『ロシア連邦法「労働条件の特別評価」の導入によるロシア連邦法の訂正について』の導入、及びロシア連邦労働法の第212条の訂正に基づき、㈱アエロフロートは、労働条件の特別評価を行っています。この評価は、継続的に実施される対策のシステムであり、職業上の危険要因が調査され、労働安全衛生基準と実測値の差及び個人用防護具と集団防護具の使用状況を考慮した上で、従業員に対する影響評価が行われます。労働条件の特別評価の結果に基づき労働条件の区分が決定されます。

労働条件の特別評価の結果は、下記のために使用されます:労働条件改善を目標とする対策の開発と実施;労働条件に関する従業員への情報提供;従業員に対する個人防護具の提供;職場における集団防護具の設置;従業員に対する保証・賠償システムの導入;従業員が抱えた病気と職業上の危険の影響の関連性調査;ロシア連邦法に定めるその他目的。