フライト恐怖症

ここでは、フライト恐怖症がどんな理由によって引き起こされるのか、また快適なフライトのために何が出来るのかについて紹介します。

約6人に1人の方がフライト恐怖症で悩んでいます。フライトに対する恐怖は、フライトの何週間も前から始まることもあります。

フライト恐怖症の症状

下記の症状が現れたら、フライト恐怖症である可能性があります。

  • 動悸
  • 放心状態
  • 食欲不振
  • 吐き気

恐怖の原因

フライトに恐怖を抱く人々の中には、閉所恐怖症、高所恐怖症、自己制御能力の喪失に対する恐怖など、その他の恐怖症を抱える方が多くいます。空中のような非日常的な状況において、人は不安感を感じることがありますが、これらのすべての恐怖症はフライト恐怖症を増長させます。

フライト恐怖症を克服するには

フライト恐怖症を克服するため、以下をお試し下さい。

  • フライト前には十分リラックスするよう努力して下さい。
  • あなたにとって信頼のおける人と一緒に乗るようにして下さい。
  • 新しい状況に慣れるため、空港で一定の時間をお過ごし下さい。
  • 航空機の安全性に関する技術の情報をご確認下さい。
  • 読書や音楽を楽しんだり、機内エンターテイメントプログラムを利用するなど、フライト中何かに集中することをお勧めします。

また、下記の運動もお勧めです

  • 体のすべての筋肉を、数秒間収縮させて下さい。
  • その後、一気に体の力を抜きます。
  • 筋肉を緊張させずに、1分間リラックス感を味わって下さい。
  • 呼吸をコントロールして下さい。息は出来るだけ深く鼻から吸い、口から吐くようにします。

以上の運動を数回繰り返して下さい。

インフォメーションサービス:(495) 578-5645, 578-5675